ページの先頭です

木造十一面観音菩薩立像 1躯

2019年7月11日

ページ番号:401777

木造十一面観音菩薩立像

もくぞうじゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう

分野/部門

有形文化財/美術工芸品/彫刻

所有者

宗教法人 西之坊

所在地

住吉区上住吉二丁目

紹介


木造十一面観音菩薩立像

住吉大社の東に寺地を占める真言宗寺院の西之坊は、住吉大社と密接な関係にあった大寺院天野谷寺の一坊であったと伝える。本像は短い体躯と大きい頭部に特色がある一木造像で、体内に木心を残し、神木のような特別な木を材として造られたと考えられる三尺の立像である。製作年代は平安時代後期にさかのぼる可能性も考えられる古像である。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

教育委員会事務局 総務部 文化財保護課
電話: 06-6208-9166 ファックス: 06-6201-5759
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)