ページの先頭です

石造板碑 2基

2019年7月11日

ページ番号:440759

石造板碑

せきぞういたび

分野/部門

有形文化財/歴史資料

所有者

宗教法人 全興寺

所在地

平野区平野宮町一丁目

紹介


別ウィンドウで開く

石造板碑のうち応安二年の銘のもの

杭全神社南西にある全興寺・長宝寺・坂上家の管理する墓地のうち、全興寺の墓域にある板碑である。2基ともにほぼ同様の形状を示す。緑泥片岩製で、山型で一重の枠線で内院を描き、内院に蓮台を伴って、陰刻で「南無阿弥陀仏」とあらわす。それぞれ応安2年(1369)と至徳元年(1384)の銘があり、それに近い年代、14世紀末に製作年代がさかのぼると考えられる。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム