ページの先頭です

御津八幡宮文書 一括(1695点)

2019年7月11日

ページ番号:440764

御津八幡宮文書

みつはちまんぐうもんじょ

分野/部門

有形文化財/歴史資料

所有者

宗教法人 御津宮

所在地

中央区西心斎橋二丁目

紹介


別ウィンドウで開く

御津八幡宮文書

慶長14年(1609)9月付けの「三津寺村検地帳」をはじめ、元和・寛永期の1600年代前半から、大正5年(1916)の近代にまでわたる史料である。内容は、神社の縁起・普請など運営に関する文書・境内の絵図など、神社に関する文書1,012点をはじめ、触書など町中の支配に関するもの109点、町政に関するもの134点、町中の土地・税・戸口に関するもの251点、その他の書簡等189点も含み、合計1,695点からなっている。市内有数の近世初期から近代にかけての文書群である。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム