ページの先頭です

大阪市航空写真(大正13年)一括(4点)

2019年7月11日

ページ番号:441226

大阪市航空写真(大正13年)

おおさかしこうくうしゃしん(たいしょう13ねん)

分野/部門

有形文化財/歴史資料

所有者

大阪市(大阪城天守閣)

所在地

中央区大阪城

紹介


別ウィンドウで開く

大阪市航空写真(大正13年)

わが国の航空写真の歴史は、大正後半から始まり、その後新たな技術と器材の導入が図られ、昭和初年には実用化の段階にいたった。大正13年2月、大阪市は将来の都市計画事業に役立てるために、陸軍に依頼して計画区域の垂直撮影による航空写真を撮影した。最初期の実地訓練を兼ねたものであったため、期待したほどの成果を得ることはできなかったが、この時の経験をもとに改良が加えられ、昭和初期には実用化にいたった。この時に撮影されたガラス乾板のネガが4枚、大阪城天守閣に伝わっている。撮影の状況を知らせる新聞報道の内容も合わせると、わが国の航空写真導入期の状況が理解される。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム