ページの先頭です

道引之地蔵の信仰習俗

2019年7月11日

ページ番号:441286

道引之地蔵の信仰習俗

みちびきのじぞうのしんこうしゅうぞく

分野/部門

無形民俗文化財

所在地

北区豊崎一丁目

紹介


別ウィンドウで開く

南濱墓所碑

七墓(ななはか)めぐりとは、江戸時代から近代初頭にかけて、大坂七墓と呼ばれる墓所を、盂蘭盆に巡礼し、諸霊を回向した信仰習俗である。近代初頭に行われた墓地の整理で墓所の大半が移転・消滅したこともあり、七墓めぐりの習俗は消滅したが、七墓の風情を現在に伝える南浜墓地の地蔵堂にまつられる道引之地蔵尊には、七墓関連で唯一の講組織が残り、朝晩の地蔵堂開帳や地蔵盆の信仰習俗を現在に伝える。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム