ページの先頭です

蒲生墓地の石仏群(10躯)

2019年7月11日

ページ番号:441290

蒲生墓地の石仏群

がもうぼちのせきぶつぐん

分野/部門

有形民俗文化財

 

管理団体

蒲生墓地運営委員会

 

所在地

都島区東野田町

紹介


別ウィンドウで開く

六地蔵

蒲生墓地は、北区豊崎に所在する南浜墓地とともに、大坂七墓のひとつであった蒲生(野田)墓所の様相を現在に伝える墓地である。講組織は現存しないが、信仰の中核となった石仏群があり、七墓の風情を今に残している。地蔵堂にまつられる延命地蔵と称される丸彫の地蔵菩薩立像、文化13年(1817)の記銘を持つ半肉彫りの六地蔵、宝暦11年(1762)の記銘を持つ観音・勢至菩薩像、その中尊と思われる阿弥陀堂にまつられる丸彫の阿弥陀如来坐像で、貴重な民俗文化財である。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 教育委員会事務局総務部文化財保護課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話:06-6208-9166

ファックス:06-6201-5759

メール送信フォーム