ページの先頭です

大阪港地震・津波対策連絡会議設置要綱

2019年12月12日

ページ番号:454160

(名称)

第1条 本会議は「大阪港地震・津波対策連絡会議」(以下「連絡会議」という。)と称する。

 

(目的)

第2条 連絡会議は、平成20年4月に策定された「大阪港地震・津波対策アクションプラン」(以下「アクションプラン」という。)の達成度評価、及びアクション項目の見直しを継続的に行い、実効性の高い津波対策を推進することを目的とする。

 

(所掌事項)

第3条 連絡会議は、次の各号に掲げる業務を行う。

(1)アクションプランの達成度の評価

(2)アクション項目の見直しの検討

(3)前各号に掲げるもののほか、検討を行うために必要な業務

 

(構成)

第4条 連絡会議は、別紙に掲げる機関をもって構成する。

 

(議長)

第5条 連絡会議に議長を置き、連絡会議内での参加機関の互選によりこれを定める。

2 議長は、連絡会議の会務を総理する。

 

(連絡会議)

第6条 連絡会議は、年1回以上開催する。

2 連絡会議は、議長が招集する。

3 連絡会議の構成機関は、必要と認めた場合議長に対して連絡会議の招集を求めることができる。

4 議長は、連絡会議の場において必要に応じて専門の学識経験者や参加機関以外の者の出席を求め、意見を聞くことが出来る。

 

(小会議)

第7条 連絡会議の円滑な運営を行うため連絡会議の下に、次の小会議を設置する。

(1)維持管理関係小会議

(2)防潮施設関係小会議

(3)大阪港BCP・海上対策関係小会議

(4)啓発関係小会議

(5)情報関係小会議

(6)復旧対策関係小会議

2 小会議内の検討事項は、連絡会議に報告する。

 

(事務局)

第8条 連絡会議の庶務を行うため、事務局を置く。

2 事務局の運営は、大阪市港湾局計画整備部において行う。

 

(雑則)

第9条 本要綱に定めるもののほか、連絡会議、小会議の運営に関し必要な事項は、議長が連絡会議に諮って定める。

 

(附則) この要綱は、平成21年3月26日から施行する。

(附則) この要綱は、平成24年3月29日から施行する。

(附則) この要綱は、平成27年3月25日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 港湾局計画整備部海務課防災保安グループ

住所:〒552-0022 大阪市港区海岸通3丁目4番28号(2階)

電話:06-6572-2691

ファックス:06-6572-4044

メール送信フォーム