ページの先頭です

就職氷河期世代の方への就労支援の取り組みについて

2022年5月2日

ページ番号:529227

 いわゆる就職氷河期世代の方(※)で、希望する就職ができず、現在も不本意ながら不安定な仕事に就いている、無業の状態にある、社会参加に向けた支援を必要とする状態にあるなど、様々な課題に直面している方への支援は喫緊の課題であることにかんがみ、「経済財政運営と改革の基本方針2019」(令和元年6月21日閣議決定。)において、就職氷河期世代の活躍促進に3年間にわたって重点的に取り組んでいくことが閣議決定され、「就職氷河期世代活躍支援プラン」(令和元年5月29日 厚生労働省とりまとめ。以下「支援プラン」という。)が策定されました。

 また、この支援プランを推進するため、大阪では「大阪就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」(事務局:厚生労働省大阪労働局)が設置されました。

(※)おおむね平成5年~平成16年に学校卒業期を迎え、雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代(現在、30代半ばから40代半ばの世代)をいいます。

大阪市の取り組み

  • 大阪市では、前記プラットフォームの下、大阪労働局や大阪府など各関係団体とも連携しつつ、いわゆる就職氷河期世代の方を含め、就職に向けた支援が必要な方を対象に、ハローワークとの一体運営等を行う「しごと情報ひろば」や、働く意欲がありながら様々な阻害要因を持った方に寄り添って支援を行う「大阪市地域就労支援センター」の各拠点において、個別の就労相談から就職マッチング、定着支援に取り組んでおり、クレオ大阪各館や区役所への巡回相談も行っています。また、就職支援セミナーや合同企業説明会などの就活イベントも実施しています。
  • そして、「しごと情報ひろば」では、窓口での相談と並行して、個別の企業を訪問し、いわゆる就職氷河期世代の方を含む、求職者の方が持つさまざまなニーズに合った求人を引き出すことにも力点をおいて取り組んでいるところです。
  • 「しごと情報ひろば」、「地域就労支援センター」及び、「イベント・セミナーや合同企業説明会(しごと応援セミナー)」に関しては下記ページでご案内しています。 イベント・セミナー情報は随時更新していますので是非ご確認ください。
    〇しごと情報ひろば~ワーくまが仕事探しを応援します~
  • 令和2年12月より、地域就職氷河期世代支援加速化交付金を活用した、求人企業開拓促進の取り組みを行っています。この事業では、就職氷河期世代の受け入れをためらう企業に対し、国の助成金等の様々なインセンティブの紹介を交えるなど、受け入れに向けて踏み込んだアドバイスを行い、求人企業の開拓をめざしています。(事業期間:令和2年12月から令和5年3月まで)

令和2年度 地域就職氷河期世代支援加速化交付金事業成果報告

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪労働局の取り組み

 大阪労働局では、概ね35歳以上の就職氷河期世代の方が、スキルを得てキャリアアップし、より安定的に就労できるよう、集中的な支援窓口として、府内のハローワーク 4ヶ所(ハローワーク梅田、阿倍野、堺、枚方)に「35歳からのキャリアアップコーナー(就職氷河期世代支援窓口)」を設置しています。

 詳しくは下記の大阪労働局ホームページをご確認ください。

大阪労働局就職氷河期世代支援サイト
別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局ダイバーシティ推進室雇用女性活躍推進課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-7351

ファックス:06-6202-7073

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示