ページの先頭です

手続きフロー【大規模建築物及び3階建住宅】

2020年2月7日

ページ番号:12243

  3階建て以上(地階を除く)で延べ面積が500平方メートルを超える建築物(大規模建築物)及び階数が3以上で延べ面積が50平方メートルを超える建築物で「住宅等」の用途を有するもの

(「住宅等」とは一戸建ての住宅、兼用住宅、長屋、共同住宅又は寄宿舎の用途の建築物)

 

コンクリート工事施工計画報告書等の提出

鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物で、3以上(地階を含む)の階数を有する場合、または延べ面積が500平方メートルを超える場合が提出対象になります。

コンクリート工事施行(計画・結果)報告書様式はこちら


工事着手


中間検査の予約

大阪市では、検査申請受付前に、電話等により検査日時の予約を行っています。


中間検査の申請

特定工程に係る工事を終えた日から4日以内に中間検査の申請が必要です。(建築基準法第7条第2項) 

中間検査の申請に必要な書類
1中間検査申請書中間検査申請書様式
2当該建築物の確認申請書副本建築確認と同一機関に申請する場合は不要
3軽微な変更説明書法第12条第5項による報告書
4工事監理報告書特定行政庁が工事監理の状況を把握する為に必要として規則で定める書類
5委任状代理者が申請される場合

基礎の配筋工事に関する中間検査

特定工程は「基礎の配筋工事」です。

※検査時に提出や提示が必要な書類については、確認申請書の副本に添付している『「工事計画・施工状況報告」指示書』を必ず確認してください。

大阪市では、検査時に工事監理者の立会いをお願いしています。

 


合格

是正事項のある場合、是正完了報告後、中間検査合格証の交付となります。


「中間検査合格証」の交付

代理者の方へ:中間検査合格証は必ず建築主の方へお渡しください。

建築主の方へ:中間検査合格証は確認済証(通知書)と同様に大切に保管してください

 


「特定工程後の工程」へ着手する

特定工程後の工程に関する工事については、中間検査合格証の交付後に施工することができます。


中間検査の予約

基礎工事時と同様に、検査申請受付前に電話等にて検査日時の予約を行っています。

中間検査の申請

特定工程に係る工事を終えた日から4日以内に、中間検査申請をしなければなりません。(建築基準法第7条第2項)

 ●中間検査申請書の添付書類については、基礎の配筋工事時の提出書類と同様です。


建て方工事に関する中間検査


合格

是正事項がある場合、是正完了報告後、中間検査合格証の交付となります。

「中間検査合格証」の交付

代理者の方へ:中間検査合格証は必ず建築主の方へお渡しください。

建築主の方へ:中間検査合格証は確認済証(通知書)と同様に大切に保管してください。

 


完了検査

完了検査の手続きについてはこちら

 

中間検査不合格の場合の通知について

 平成19年6月20日の建築基準法改正以降は、中間検査を行った結果、軽微な変更と判断できないような変更があった場合、「中間検査合格証を交付できない旨の通知書」を建築主の方に交付することとなりました。通知書を受けた建築主の方は、計画変更確認申請を行い、再度中間検査申請を行う必要があります
    なお、上記の通知を行った履歴については、「建築計画概要書」と共に一般に公開している「処分等の概要書」に記載します。これにより、建築関係者に改善と再検査の実施を促すと共に是正意識の高揚を図り、また、建築主及び建売住宅や転売物件の購入者へ情報を提供することで、その保護を図るものです。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市都市計画局建築指導部監察課
住所:大阪市北区中之島1丁目3番20号
電話:06-6208-9311~9317 ファックス:06-6202-6960

メール送信フォーム