ページの先頭です

大阪市建築物環境性能表示制度(ラベリング)

2019年5月31日

ページ番号:115276

大阪市建築物環境性能表示(ラベリング)

  

 大阪市では、「大阪市建築物総合環境評価制度(CASBEE大阪)」を平成16年5月に創設、10月から実施し、平成23年4月には届出対象を新築建築物のみならず既存建築物へ拡大するため「CASBEE大阪みらい」へと制度を改定しました。さらに、「大阪市建築物の環境配慮に関する条例」を平成24年1月に制定、4月から施行し、省エネ性能の向上だけでなく、快適で環境に配慮した建築物の誘導を図るため、届出やラベリングの義務対象を2,000平方メートル以上の新築建築物に拡大しました。
 平成26年9月には、「大阪市建築物の環境配慮に関する条例」を改正し、平成27年4月1日よりCASBEE大阪みらいの評価制度に加え、一定の建築物について「省エネ基準適合義務」「再生可能エネルギー利用設備の導入検討義務」の新制度を始めました。これに伴い、大阪市建築物環境性能表示の内容に省エネ基準適合状況と再生可能エネルギー利用設備導入の表示を追加しました。
 平成30年4月からは制度の拡充を実施し、環境性能表示の内容を変更するとともに、建築物の工事現場への表示を義務化しました。

 大阪市の建築物環境配慮制度については、こちらの「大阪市の建築物環境配慮制度」ホームページをクリックしてください。

お知らせ

平成30年4月から建築物環境性能表示制度が変わりました

 大阪市建築物の環境配慮に関する条例の一部改正(平成29年2月27日改正)により、平成30年4月1日から、大阪市の建築物環境配慮制度を変更しました。

 これにより、大阪市建築物環境性能表示制度も変更となりました。

 主な変更内容は次のとおりです。

  • 環境性能表示を工事現場に表示することを義務化。また、表示内容を変更。

 なお、この変更は、平成30年4月1日以降に建築物環境計画書が届出された建築物が対象となり、平成30年3月31日までに届出された建築物は従前のとおりです。

 変更内容については、「大阪市の建築物環境配慮制度」ホームページの「お知らせ」をご覧ください。

 

目次

概要

 本制度は、建築物の工事現場や、分譲マンション・賃貸オフィスの募集広告等に建物の環境性能を表示するものです。これにより、快適で環境に配慮した建築物が市場で評価される仕組みづくりを目指しています。

 具体的には、建築物の新築等の時に届出されたCASBEE大阪みらいの評価の結果等により、大阪市の定める表示基準に従って、建築主等が工事現場へ環境性能を表示するとともに、その内容を大阪市がホームページで公表します。また、分譲マンションや賃貸オフィスの入居者募集を行う場合は、建築主等がその広告にも環境性能を表示します。

 

対象建築物

ラベリングの対象となる建築物は、次のとおりです。

  • 工事現場への表示義務があるもの

  延べ面積が2,000平方メートル以上の新築(増築・改築)建築物

  • 広告への表示義務があるもの

  延べ面積が2,000平方メートル以上の新築(増築・改築)建築物の内、販売又は賃貸目的の広告を行うもの(分譲、賃貸は問いません。)

 

  • 任意表示のもの

  CASBEE大阪みらいの届出を行った次の建築物の内、販売又は賃貸目的の広告を行うもの(分譲、賃貸は問いません。)

  1. 延べ面積300平方メートル以上で2,000平方メートル未満の新築(増築・改築)建築物
  2. 延べ面積300平方メートル以上の既存建築物
  3. 延べ面積300平方メートル以上の既存建築物の省エネ改修など

 

表示の対象となる広告

 次の広告で、間取りと価格の両方が表示される場合はラベリングが必要です。

  1. 新聞、雑誌などに掲載される広告
  2. 新聞の折り込みその他の方法により配布されるチラシ、掲出されるビラ、パンフレット、小冊子など
  3. インターネットの利用による広告
  4. DVD、CDなどの電子的な方法により行う広告

 ※  1及び2に該当する広告物でA4サイズ以下のもの、看板や吊り広告等の配布されないもの及び予告広告は除きます。

表示内容

ラベルの表示内容の説明

※ 新築の場合を例にしています。 

このラベルの星マーク及びサクラマークの数を見るだけで、その建物の環境への配慮の高さがわかります。

 

ラベルを見る時の注意点

1.自己評価に基づいた表示です。

 この表示に示されたCASBEEの評価は、大阪市が認定したものではなく、大阪市が定めた基準に基づいて、建築主が計画段階等での環境配慮の取組みを自己評価したものです。

 ラベルの評価はCASBEE大阪みらいの評価結果をもとに行っています。

 

2.評価時期に注意しましょう。

 表示のもとになるCASBEE大阪みらいの評価をするための計算ソフトは、建築技術の進歩、環境指標の変更等に伴い改正されます。

 このため表示の下部にはその評価を行ったソフトのバージョンを記載しています。

 

3.評価の有効期限に注意しましょう。

 この表示の下部には、その評価結果の有効期限が記載されています。工事を伴う届出の場合には、工事中と工事完了後で表示が変わります。ラベルに記載されている評価は、長期間に渡る性能を示すものではありませんのでご注意ください。

  

 評価の有効期限の表示

○ 新築

  工事中:「評価は、CASBEE大阪みらいを利用した建築主の自己評価結果です。竣工後3年間有効。」

  竣工後:「評価は、CASBEE大阪みらいを利用した建築主の自己評価結果です。平成○○年○○月まで有効。」

 

○ 既存

  「評価は、CASBEE大阪みらいを利用した建築主の自己評価結果です。平成○○年○○月まで有効。」

  ※ 評価結果の有効期間は評価後5年間となります。

 

○ 改修

  工事中:「評価は、CASBEE大阪みらいを利用した建築主の自己評価結果です。改修後3年間有効。」

  改修後:「評価は、CASBEE大阪みらいを利用した建築主の自己評価結果です。平成○○年○○月まで有効。」

  

ラベル表示の注意事項

ラベル表示を行う際には次のことに注意してください。

  1. CASBEE建築評価員が評価した建築物環境計画書又は建築物環境評価書を届出してください。
  2. 販売等を行う建築主及びその販売等受託者は、当該建築物を購入又は賃借しようとする方に対し、建築物の環境性能の内容を説明するよう努めてください。

 

  ※  評価方法の詳しい内容については、こちらの「大阪市の建築物環境配慮制度」ホームページをご確認ください。

 

表示の手続きの流れ

表示の手続きの流れの図

届出様式

大阪市建築物環境性能表示制度(ラベリング)に係る届出様式についてはこちらの「建築物環境計画書等届出様式」ホームページからダウンロードしてください。

大阪市建築物の環境配慮に関する条例 等

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

都市計画局 建築指導部 建築確認課

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

電話: 06-6208-9304 ファックス: 06-6202-6960

メール送信フォーム