ページの先頭です

リニア中央新幹線整備促進の検討

2021年12月24日

ページ番号:375949

概要(説明)

 リニア中央新幹線は、東京・名古屋・大阪間の3大都市圏を約1時間で結び、そのインパクトは単なる経済波及効果に留まらず、国土の構造を変え、日本の国際競争力を強化し、日本人のライフスタイルをも変えるきっかけとなることが期待されています。

 現在、JR東海がリニア中央新幹線の営業主体及び建設主体となり、2027年東京・名古屋間開業に向け事業を進めているところです。名古屋・大阪間開業については、当初計画では2045年を予定していましたが、財政投融資を活用し最大8年間の前倒しが決定されました。

 本市では、リニア中央新幹線が1日でも早く全線開業が行われるよう、大阪府、大阪市及び経済団体で構成する「リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会」において、国等へ早期全線開業に向けた要望及び調査、研究を実施しています。

リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会についてはこちら(外部リンク)別ウィンドウで開く

発端(きっかけ)は何?

 建設・営業主体であるJR東海は、民間企業として健全な財務体質を維持する必要性から、東京・名古屋間と名古屋・大阪間の2段階での工事実施としております。しかし、リニア中央新幹線は、三大都市圏を一体化したスーパー・メガリージョンを形成し、災害に強い国土構造の形成に資する事業であり、東京・大阪間を直結することで初めてその機能を十分発揮します。そのため、大阪府、大阪市及び経済団体とで構成する「リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会」を立ち上げ、一日も早い早期全線開業に向けて取り組むこととなった。

寄せられたご意見

 事業主体に対し、リニア中央新幹線工事の十分かつ確実な安全性を求めることなど。

今後の予定は?

 リニア中央新幹線の早期全線開業に向けて、国等へ早期全線開業に向けた要望及び調査、研究に取り組みます。

どこまで進んでいるのか?

平成30年6月25日 シンポジウム「スーパー・メガリージョンで広がる可能性ーリニア中央新幹線の早期全線開業が実現した日本の姿を考える!そのときあなたは?関西は?ー」開催

平成30年12月17日 「平成30年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会」開催

令和元年12月25日 「令和元年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会」開催

令和2年1月29日 シンポジウム「東京・大阪間が67分!リニア時代の大阪・関西を考える!」開催

令和2年9月 三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進に関する決議の取りまとめ

令和2年12月 「北陸新幹線&リニア中央新幹線開業エール弁当コンテスト」開催

令和3年12月 「北陸新幹線&リニア中央新幹線開業エールお菓子づくりコンテスト」開催

令和3年12月20日 「令和3年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会」開催

 詳細については、リニア中央新幹線早期全線開業実現協議会(外部リンク)別ウィンドウで開くのページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

計画調整局 計画部 交通政策課
電話: 06-6208-7842 ファックス: 06-6231-3751
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)