ページの先頭です

平成27年国勢調査<世帯構造等基本集計結果(大阪市)>

2019年9月11日

ページ番号:414733

 大阪市では、平成27年国勢調査に係る「世帯構造等基本集計」結果(大阪市)をとりまとめましたので公表します。

 今回とりまとめた数値については、総務省が公表済みの「世帯構造等基本集計」結果(全国)のうち、本市に関する基本的な事項についてとりまとめたものです。

※「世帯構造等基本集計」とは、全ての調査票を用いて母子・父子世帯、親子の同居等の世帯の状況に関する結果について、総務省が集計したものです。

 「世帯構造等基本集計」の全ての集計結果や全国、都道府県、他市町村の集計結果のほか、今後の総務省からの公表予定については総務省統計局ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

 

要点

  <親子の同居・非同居> 

  • 親と「同居している」者は総人口の27.1%。平成12年から一貫して低下。 
  • 親と「同居している」未婚の者の割合は、平成22年と比べると、男性は15歳未満を除いたすべての年齢階級、女性は15歳未満及び35~39歳を除いたすべての年齢階級で上昇。
  • 子と「同居している」有配偶の者の割合は、平成22年と比べて男女共に65~84歳を除いたすべての年齢階級で低下。
  • 子と「同居している」死別・離別の者の割合は、平成22年と比べて、男性は年齢階級による目立った傾向は見られず、女性は全体的に低下。

 

親との同居・非同居別人口の推移
年齢(5歳階級)、男女別親と「同居している」者の割合

<母子・父子世帯>

  • 「母子世帯」の約7割、「父子世帯」の約5割は中学生以下の子供がいる。
  • 「母子世帯」と「母子世帯(他の世帯員がいる世帯を含む)」の母親の労働力率は、女性全体と比べて20~29歳を除いたすべての年齢階級で高く、М字カーブは見られない。
母子世帯、父子世帯に占める最年少の子供の年齢別割合
母子世帯の母及び女性全体の年齢(5歳階級)別労働力率

結果の概要

平成27年国勢調査<世帯構造等基本集計結果(大阪市)>概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市計画局企画振興部統計調査担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

電話:06-6208-7865

ファックス:06-6231-3751

メール送信フォーム