ページの先頭です

11月25日から12月1日は「犯罪被害者週間」です

2017年10月12日

ページ番号:330235

 犯罪被害は、いつ誰に起きるかわかりません。

 犯罪被害にあわれた方やその家族・遺族の方(犯罪被害者等)が、被害から立ち直り、地域において再び平穏に過ごせるようになるためには、地域の人々の理解と配慮、協力が重要です。

 犯罪被害者等基本法の成立日である121日以前の1週間を「犯罪被害者週間」として、国、地方公共団体、民間支援団体等が犯罪被害者等への理解増進を図るための啓発事業を実施しています。

 大阪市では、犯罪被害者等が置かれている状況などについて、市民の皆様の理解を深めていただくため、犯罪被害者週間にあわせて、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンターなどと連携し、各種啓発事業を実施します。

 この機会に、家族で、地域で、学校で、犯罪被害について考えてみましょう。

平成29年度の啓発事業

1 「犯罪被害者週間」キャンペーン

日時

 平成29年11月23日(木曜日・祝日)14時から15時

場所

 イオン京橋店 2階センタープラザ(大阪市都島区片町2-3-51

内容

  • 犯罪被害者等支援に関するミニトーク

    ゲスト:セレッソ大阪スクールマスター・サッカー元日本代表 勝矢寿延さん

  • 犯罪被害者等の手記朗読
  • 啓発グッズの配布
  • 音楽演奏 など

勝矢寿延さん
【主な選手歴】
1991年 日産自動車/横浜マリノス
1994年 ジュビロ磐田
1998年 セレッソ大阪

【代表歴】
日本代表[国際Aマッチ 27試合/0得点](日本代表総試合出場数 51試合)

主催

 大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター

後援

 大阪府被害者支援会議(上記主催者のほか、大阪地方検察庁、大阪保護観察所、大阪弁護士会、日本司法支援センターなど、31の機関・団体で構成)

2 「犯罪被害者週間」啓発パネル展

日時

 平成29年11月22日(水曜日)から12月1日(金曜日) 大阪市役所および堺市役所開庁時間

場所

 大阪市役所1階市民ロビー(大阪市北区中之島1-3-20

 堺市役所高層館1階ロビー(堺市堺区南瓦町3-1

内容

 被害者団体や支援団体と連携し、パネルなどを展示

主催

 大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター

後援

 大阪府被害者支援会議

3 被害者支援シンポジウム2017「悲しみに寄り添う」

日時

 平成29年11月18日(土曜日)13時30分から16時30分

場所

 大阪市立男女共同参画センター中央館(クレオ大阪中央)セミナーホール(大阪市天王寺区上汐5-6-25

内容

 第1部 基調講演「悲しみを生きる力に 被害者遺族からあなたへ」

      〔講師:入江杏 さん(世田谷一家殺人事件被害者遺族)〕

 第2部 パネルディスカッション

主催

 認定NPO法人大阪被害支援アドボカシーセンター

共催

 大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察

後援

 大阪府被害者支援会議、大阪私立中学校高等学校連合会、大阪弁護士会、大阪府臨床心理士会

4 セレッソ大阪と連携したスタジアムでの啓発

開催日

 平成29年11月26日(日曜日)

場所

 ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区長居公園1-1長居公園内

 ※スタジアムへ入場する場合は、チケットが必要です。

内容

 セレッソ大阪VSヴィッセル神戸の試合(13時キックオフ)において、パネル展などの啓発活動を実施

主催

 大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター

5 犯罪被害者支援セミナー~犯罪被害者やその家族・遺族への理解と支援のために~

 開催日時・場所・テーマ・講師などの詳細につきましては、次のページをご覧ください。

平成28年度の啓発事業

1 「犯罪被害者週間」キャンペーン

日時

平成28年11月20日(日曜日)14時から15時

場所

イオンモール堺北花田 1階センターコート(堺市北区東浅香山町4-1-12)(地下鉄御堂筋線「北花田」駅)

内容

  • 大阪府立泉陽高等学校軽音楽部による演奏
  • 犯罪被害者の手記朗読
  • 啓発グッズの配布 等

主催

大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター

後援

大阪府被害者支援会議(上記主催者の他、大阪地方検察庁、大阪保護観察所、大阪弁護士会、日本司法支援センター等、31の機関・団体で構成)

開催時の様子

 大阪府立泉陽高等学校軽音楽部による軽快で楽しい演奏のあと、犯罪被害者の手記が朗読され、参加者はみな真剣な面持ちで聞き入っていました。

 その後、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンターの木村事務局長と高校生によるミニトークでは、高校生から「今まで犯罪の被害に遭った人がどんな状況に置かれるのか考えたこともなかったけれど、これからは考えていきたい」などの意見があり、犯罪被害者等に私たち一人ひとりができる支援について、考える機会となりました。

 また、堺市のマスコットキャラクターや泉陽高等学校の皆さんにご協力いただき、啓発グッズの配布を行いました。

犯罪被害者週間キャンペーンの様子
犯罪被害者週間キャンペーン 演奏している様子

2 「犯罪被害者週間」啓発パネル展

日時

平成28年11月22日(火曜日)から12月1日(木曜日) 9時から17時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)

場所

大阪市役所正面玄関ホール(大阪市北区中之島1-3-20

内容

被害者団体や支援団体等と連携し、パネル等を展示

主催

大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察、認定NPO法人大阪被害者支援アドボカシーセンター

後援

大阪府被害者支援会議

開催時の様子

 市役所を訪れた多くの皆さまにご覧いただくことができました。

 パネルをご覧いただいた皆さまからも多くの貴重なご意見を頂戴することができました。今後の犯罪被害者等支援への参考とさせていただきます。

 いただいだご意見(抜粋)

  • 犯罪被害者遺族の方の休暇制度を充実してほしい。
  • 加害者にも被害者にもならなくていい世の中になってほしいです
  • 何か自分にできることはないかと感じました。
  • 他のキャンペーンと連動するなどの活動をしてはどうか。
パネル展の様子

3 被害者支援シンポジウム2016

日時

平成28年11月26日(土曜日)13時30分から16時30分

場所

大阪市立阿倍野区民センター 小ホール(阿倍野区阿倍野筋4-19-118

内容

(第1部)

基調講演「犯罪被害者支援のあゆみとアドボカシーセンターの果たした役割」

(第2部)

パネルディスカッション

「もし被害にあったら~みんなに知ってほしい 被害者支援センターのこと~」

主催

認定NPO法人大阪被害支援アドボカシーセンター

共催

大阪市、大阪府、堺市、大阪府警察

後援

大阪府被害者支援会議、大阪弁護士会、大阪府臨床心理士会、大阪私立中学校高等学校連合会

被害者支援シンポジウム2016

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

4 犯罪被害者支援セミナー

日時・テーマ・講師

日時・テーマ・講師
 日時 テーマ 講師 
1

11月18日(金曜日)
午後7時から午後8時30分 

 「命の大切さを考える~子どもたちを被害者にも加害者にもしないために~」 一井 彩子氏
(少年犯罪被害者当事者の会・全国犯罪被害者の会(あすの会)会員)
2 11月25日(金曜日)
午後7時から午後8時30分 
 「検察庁における被害者支援の取組み」大阪地方検察庁 検事 
3 12月2日(金曜日)
午後7時から午後8時30分 
 「『犯罪被害にあう』ということ~あなたに知ってほしいこと、あなたにできること~」 木村 弘子氏
(認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター 事務局長)

場所

大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室

〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階

開催時の様子

第1回  「命の大切さを考える~子どもたちを被害者にも加害者にもしないために~」

 少年犯罪の被害にあわれた犯罪被害者遺族である講師より、被害にあった時の状況をその時の心情も交えてお話いただき、犯罪被害者等がどのような状況に置かれるのかを考えることができました。

 参加者の感想(抜粋)

  • 少年犯罪といっても、自分には縁遠いもののように考えていたが、今回の講演で法、地域、家族のあり方を考えさせられました。
  • 子どもたちが健やかに生きていける社会であってほしいと強く思う。
  • 犯罪被害者等の人権が守られていないことを知らない人も多いと思う。
  • 親のあり方を考えさせられた。
  • 犯罪被害当事者のお話を聞くことができて参考になった。
第2回 「検察庁における被害者支援の取組み」

 大阪地方検察庁の検事より、検察庁における犯罪被害者等支援について講演をいただきました。

 犯罪被害にあったあと、どのように手続きが進んでいくのか、どのような支援を受ける事ができるのか、わかりやすい資料と説明をいただきました。

 参加者の感想(抜粋)

  • 現役の検事の話を聞く事ができてよかった。
  • 制度について知ることができてよかった。
  • 普段聞きなれない法律用語だが、理解することができた。
  • 裁判官などの仕事についても知りたくなった。
第3回 「『犯罪被害にあう』ということ~あなたに知ってほしいこと、あなたにできること~」

 大阪府公安委員会の犯罪被害者等早期援助団体に認定されている大阪被害者支援アドボカシーセンターの事務局長である、木村さんより、支援の現場で培ってきたご経験も踏まえ、犯罪被害者等への支援についての講演をいただきました。

 犯罪被害者等が置かれる心身の状態やそれに伴う支援のあり方について、実際に支援員として活躍されているご経験も交え、お話をいただきました。

 参加者の感想(抜粋)

  • 支援の現場の話を聞くことができた。
  • 傾聴の姿勢など勉強になった。
  • アドボカシーセンターのような支援団体があることを知れてよかった。

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市民局 ダイバーシティ推進室 人権企画課
電話: 06-6208-7619 ファックス: 06-6202-7073
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム