ページの先頭です

市設建築物のファシリティマネジメント

2017年5月17日

ページ番号:396093

【ファシリティマネジメントとは】

 大阪市が所有する建物(ファシリティ)を市民共有の財産として、また、貴重な経営資源として捉え、全庁横断的な視点から総合的な有効活用を図る取組み(マネジメント)のことです。

 大阪市では、関係各局からなる資産流動化プロジェクト施設チームを設置し、ファシリティマネジメントの取組みを進めています。

 ≪新着情報≫

【ファシリティマネジメントの具体的な取組み】

 ファシリティマネジメントの推進にあたっては、「大阪市公共施設マネジメント基本方針」(平成27年12月)に基づき、『再編整備の推進』『長寿命化の推進』『省エネルギー化の推進』を基本的な考え方として取組みを進めています。

 ≪再編整備の推進≫

 全庁的な視点による効率的な施設整備や施設の有効活用などを進めます。

  ・施設の複合化・多機能化

  ・用途転用による施設の有効活用

  ・民間活力の導入

  ・整備計画の妥当性の評価


 ≪長寿命化の推進≫

 予防保全型の維持管理を推進し、施設をできるだけ長く活用します。

  ・点検等による現状の把握

  ・予防保全の強化

  ・施設の安全確保

 ≪省エネルギー化の推進≫

 運用コストの縮減のため、さらなる省エネルギー化を進めます。

  ・日常的な施設運営における実践

  ・環境配慮技術の導入

  ・民間事業者のノウハウの活用

【これまでに公表した資料】

≪市設建築物における再編整備計画≫

 ≪ファシリティマネジメントの取組み≫

 ≪市設建築物耐震改修計画≫

 ※ この計画の計画年度は、平成20年度から平成27年度です。平成28年度以降は、「大阪市耐震改修促進計画」に基づき耐震化を進めます。

 ≪市民利用施設等データシート≫

 市政改革プラン・アクションプラン編において「区長が区の特性に応じて検討する」と位置づけられた市民利用施設と区役所・出張所について、今後の各区における施設のあり方検討の参考として「施設データシート」を作成しました。

  • バナー

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市整備局公共建築部ファシリティマネジメント課ファシリティマネジメントグループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-9375

ファックス:06-6202-7066

メール送信フォーム