ページの先頭です

大阪市における地域福祉にかかる実態調査報告書について

2020年4月8日

ページ番号:497738

 大阪市では、現在、平成30年度から令和2年度までを計画期間とする「大阪市地域福祉基本計画」に基づき、地域福祉の推進に努めております。

 本調査は、地域福祉に対する市民の意識等を把握し、大阪市における今後の地域福祉施策の推進に資する資料を得ることを目的に実施しました。

 また、次期大阪市地域福祉基本計画(令和3年~令和5年)は、これらの調査結果等を踏まえながら策定してまいります。

大阪市における地域福祉にかかる実態調査概要

世論調査

【調査目的】                                                 

 地域福祉に対する市民の意識等を把握し、大阪市における今後の地域福祉施策の推進に資する資料を得ることを目的に実施した。

【調査対象

 大阪市で住民登録または外国人登録している18歳以上の者から無作為抽出した8,000人

【調査方法】

 郵送

【調査期間】

 令和元年9月20日 ~ 10月28日

【有効回答数(有効回答率)】

 2,561人(32.0%)

【調査項目概要】

 ① だれもが自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくりについて

 ② 地域での支え合い・助け合いについて                         

 ③ 地域福祉活動について                                        

 ④ 災害への備えについて                                        

 ⑤ 地域における見守りの取り組みについて                        

 ⑥ 相談支援体制の充実に向けて                                 

 ⑦ 虐待防止の取り組みについて                                 

 ⑧ 成年後見制度などの利用促進に向けて

 

 

 

地域福祉の推進役としての地域住民への調査

【調査目的】                                                 

 大阪市の各地域で地域福祉を推進する地域住民を対象に、地域福祉の現状や課題などに対する考えを把握し、大阪市における今後の地域福祉施策の推進に資する資料を得ることを目的に実施した。

調査対象

 ・民生委員・児童委員の地区委員長

 ・地域福祉コーディネータなど       613人

【調査方法】

  郵送

【調査期間】

 令和元年9月12日~10月25日

【有効回答数(有効回答率)】

 490人(79.9%)

【調査項目の概要等】

 ① だれもが自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくりについて

 ② 地域での支え合い・助け合いについて                         

 ③ 地域福祉活動について                                       

 ④ 住民主体の地域課題の解決力強化について                     

 ⑤ 地域福祉活動への多様な主体の参画と協働の推進について       

 ⑥ 災害への備えについて                                       

 ⑦ 地域における見守り活動について                             

 ⑧ 相談支援体制の充実に向けて                                 

 ⑨ 虐待防止の取り組みについて                                 

 ⑩ 成年後見制度などの利用促進に向けて

 

 

 

大阪市における地域福祉にかかる実態調査報告書(地域福祉の推進役としての地域住民)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

福祉専門職への調査

【調査目的】                                                

  大阪市の各地域で地域福祉活動を支援する福祉専門職を対象に、地域福祉活動の現状や支援するうえでの課題などに対する考えを把握し、大阪市における今後の地域福祉施策の推進に資する資料を得ることを目的に実施した。

【調査対象】

 ・見守り相談室CSW(見守り相談員)
 ・生活支援コーディネーター

 ・高齢福祉分野の相談支援機関の職員

 ・障がい分野の相談支援機関の職員

 ・児童・ひとり親福祉分野の相談支援機関の職員

 ・生活困窮者自立相談支援機関

 ・社会福祉協議会の地域支援担当職員      514人

【調査方法】

 オンラインアンケート

【調査期間】

 令和元年9月9日~10月8日

【有効回答数(有効回答率)】

 396人(77.0%)

【調査項目概要】

 ① だれもが自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくりについて

 ② 地域福祉活動について 

 ③ 住民主体の地域課題の解決力強化について

 ④ 地域福祉活動への多様な主体の参画と協働の推進

 ⑤ 災害への備えについて

 ⑥ 地域における見守り活動について

 

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部地域福祉課企画グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-7970

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示