ページの先頭です

「大阪市の地域福祉のあり方についての世論調査」について

2022年9月21日

ページ番号:573074

大阪市実態調査を装った詐欺や不審な連絡にご注意ください

 9月20日12時頃、大阪市内において、大阪市実態調査の者と騙る男から「アンケートを書いてくれませんか。書いてくれたら23,359円もらえます」という電話がかかってくる事案が発生したとの情報提供が大阪府警察からありました。
 この調査に関して、ご協力いただいた方への謝礼は用意しておらず、謝礼金を支払うといった名目で、口座番号等を聞き出そうとしたり、銀行等のATMで入出金操作を依頼することは絶対にありません。

 そのような電話や訪問はすべて詐欺ですので、すぐにお近くの警察署別ウィンドウで開くへご相談ください。

 

「大阪市の地域福祉のあり方についての世論調査」を実施します

 大阪市では、令和4年7月末時点で大阪市に住民登録されている方で、18歳以上の方を対象に「大阪市の地域福祉のあり方についての世論調査」を実施します。

1 調査の目的

 大阪市では、令和3年3月に「だれもが自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくり」を基本理念とした、大阪市地域福祉基本計画(令和3年度~令和5年度)を策定しました。

 地域には、年齢や性別、障がいの有無など、さまざまな特性や背景を持つ人々が住み、それぞれ異なった世帯構成や生活環境の中で暮らしています。また、仕事や学校のほか、ボランティアなど、いろいろな理由で地域を訪れ、活動している人々もいます。このように、多様な人々が暮らし、働き、学び、訪れる地域で、だれもが自分らしく安心して生活していくために、住民や行政をはじめ、地域に関わるすべての人の力をあわせて、共に生き共に支え合い、みんなが生活を共に楽しむ地域を作り上げていくという「地域福祉」の考えに基づく取り組みを進めています。

 みなさまのご意見をお聞きして、今後の施策の参考にするため、「地域福祉にかかる実態調査」の一環として「大阪市の地域福祉のあり方についての世論調査」を実施するものです。

2 調査の方法

調査対象

令和4年7月末時点で大阪市に住民登録されている18歳以上の方のうち無作為に抽出した8,000名
(調査対象として抽出された方へは、9月下旬頃に郵便で「調査票」をお送りします。)

郵送される封筒のイメージ図

この封筒が届いた方が調査対象です。

回答期限

令和4年10月20日(木曜日)

調査方法

調査票を郵送し、返信用封筒または「大阪市行政オンラインシステム別ウィンドウで開く」により回収

3 調査の項目

  • だれもが自分らしく安心して暮らし続けられる地域づくりについて
  • 地域での支え合い・助け合いについて
  • 地域福祉活動について
  • 災害への備えについて
  • 相談支援体制の充実に向けて
  • 地域における見守りの取り組みについて
  • 虐待防止の取り組みについて
  • 成年後見制度などの利用促進に向けて
  • あなたご自身のことについて

4 参考

前回調査結果(令和元年度実施)はこちらをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局生活福祉部地域福祉課企画グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-7970

ファックス:06-6202-0990

メール送信フォーム