ページの先頭です

大阪市の川・海の水質・底質(大阪市内公共用水域測定結果)

2022年2月17日

ページ番号:459104

大阪市の河川及び海域の写真

水質

水質の経年変化

 大阪市内には淀川や大和川など多くの河川が流れていますが、大阪市はこれらの河川の最下流部に位置しています。このため、河川の水質は、上流域の影響を受けやすく、特に昭和40年代は急速な市街化に伴う生活排水や事業活動に伴う工場排水の増大により、汚濁が著しい状況にありました。
 現在では、工場排水規制の強化や下水道整備等により、水質は大幅に改善してきています。

大阪市内河川におけるBOD(生物化学的酸素要求量)年平均値の経年変化【単位ミリグラムパーリットル】
年度

昭和47年度

昭和52年度昭和57年度昭和62年度平成4年度平成9年度平成14年度平成19年度平成24年度平成29年度平成30年度令和元年度令和2年度
淀川水域平均2.84.13.85.12.52.23.32.71.81.92.31.61.7
神崎川水域平均14.97.05.25.03.13.43.11.91.92.01.91.71.6
寝屋川水域平均46.223.118.614.412.811.28.5

7.1

5.33.63.62.82.1
市内河川水域平均10.14.54.23.92.92.92.3

1.9

1.51.31.31.41.2
大和川水域平均15.021.019.518.010.89.35.73.92.01.81.81.7

1.7

(注)

淀川水域:淀川

神崎川水域:神崎川、安威川

寝屋川水域:寝屋川、第二寝屋川、平野川、平野川分水路、古川

大阪市内河川水域:城北川、大川、堂島川、土佐堀川、道頓堀川、六軒家川、安治川、東横堀川、正蓮寺川、 尻無川、木津川、木津川運河、住吉川

大和川水域:大和川

大阪市内河川におけるBOD(生物化学的酸素要求量)年平均値の経年変化(データファイル)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

河川・海域の水質の現況

 大阪市では、市内河川及び海域において、47地点(うち大阪府実施5地点、近畿地方整備局実施4地点を含む)で水質の定点調査を実施し、公共用水域の水質汚濁状況を常時監視しています。

 令和2年度の河川におけるBOD及び海域におけるCODについては、市内全ての地点で環境基準を達成しました。

 水質調査の詳細データについては、大阪府のホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

水質調査地点

水質調査地点図
別ウィンドウで開く

(クリックすると拡大図を表示します。)

水質調査地点一覧表
地点番号地点名河川名水域区分名類型測定主体地点属性
1小松橋神崎川神崎川水域B大阪市準基準点
2吹田橋神崎川神崎川水域B大阪市本市独自地点
3新三国橋神崎川神崎川水域B大阪府環境基準点
4神崎橋神崎川神崎川水域B大阪府準基準点
5千船橋神崎川神崎川水域B大阪市環境基準点
6辰巳橋神崎川(左門殿川)神崎川水域B大阪府環境基準点
7新京阪橋安威川神崎川水域B大阪府環境基準点
8菅原城北大橋淀川淀川水域B近畿地方整備局環境基準点
9伝法大橋淀川淀川水域C近畿地方整備局環境基準点
10今津橋寝屋川寝屋川水域D大阪市環境基準点
11新喜多大橋寝屋川寝屋川水域D大阪市本市独自地点
12京橋寝屋川寝屋川水域D大阪市環境基準点
13徳栄橋古川寝屋川水域D大阪市環境基準点
14阪東小橋第二寝屋川寝屋川水域D大阪市本市独自地点
15下城見橋第二寝屋川寝屋川水域D大阪市準基準点
16中竹渕橋平野川寝屋川水域D大阪市本市独自地点
17安泰橋平野川寝屋川水域D大阪市本市独自地点
18睦橋平野川寝屋川水域D大阪市本市独自地点
19南弁天橋平野川寝屋川水域D大阪市準基準点
20城見橋平野川寝屋川水域D大阪市環境基準点
21片一橋平野川分水路寝屋川水域D大阪市本市独自地点
22天王田大橋平野川分水路寝屋川水域D大阪市環境基準点
23赤川橋城北川市内河川水域B大阪市本市独自地点
24毛馬橋大川市内河川水域B大阪市本市独自地点
25桜宮橋大川市内河川水域B大阪市環境基準点
26天神橋(右)堂島川市内河川水域B大阪市環境基準点
27天神橋(左)土佐堀川市内河川水域C大阪市環境基準点
28天保山渡安治川市内河川水域B大阪市環境基準点
29北港大橋下流700m正蓮寺川市内河川水域B大阪市環境基準点
30春日出橋六軒家川市内河川水域B大阪市環境基準点
31本町橋東横堀川市内河川水域B大阪市環境基準点
32大黒橋道頓堀川市内河川水域B大阪市環境基準点
33甚兵衛渡尻無川市内河川水域B大阪市環境基準点
34千本松渡木津川市内河川水域B大阪市環境基準点
35船町渡木津川運河市内河川水域B大阪市環境基準点
36住之江大橋下流1100m住吉川市内河川水域B大阪市環境基準点
37浅香新取水口大和川大和川水域C近畿地方整備局環境基準点
38遠里小野橋大和川大和川水域D近畿地方整備局環境基準点
39神崎川河口中央大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
40淀川河口中央大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
41木津川河口中央大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
42No.5ブイ跡大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
43No.25ドルフィン大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市本市独自地点
44北港沖1000m大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市本市独自地点
45大阪港関門外大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
46南港大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪市準基準点
47大阪湾C-3大阪港(大阪湾)大阪湾水域海域C大阪府環境基準点

(注)

  1. 「8番菅原城北大橋」は、平成25年10月より「JR赤川鉄橋(柴島)」から測定地点が移動しております。
  2. 水質(BOD【生物化学的酸素要求量】、COD【化学的酸素要求量】等)の環境基準については、各河川・海域の利水目的等に応じて、河川に対してはAAからEまでの6段階、海域に対しては海域Aから海域Cまでの3段階のいずれかが割り当てられています。
  3. 河川ではBODに係る環境基準(環境省ホームページ)別ウィンドウで開くが定められており、本市河川においては「類型B」BOD 3ミリグラムパーリットル以下、「類型C」」BOD 5ミリグラムパーリットル以下、「類型D」BOD 8ミリグラムパーリットル以下となっております。
  4. また、海域ではCODに係る環境基準(環境省ホームページ)別ウィンドウで開くが定められており、本市海域においては「類型 海域C」COD 8ミリグラムパーリットル以下となっております。

大阪市 水質調査地点一覧表(データファイル)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

令和2年度 大阪市内水質汚濁状況(BOD及びCOD)

令和元年度 大阪市内水質汚濁状況図
別ウィンドウで開く

(クリックすると拡大図を表示します。)

  1. 河川(水質調査地点一覧表1~38)はBODで評価し、河口地点及び海域(水質調査地点一覧表39~47)はCODで評価しました。
  2. 環境基準達成とは年間を通じて日間平均値が環境基準を満足する割合が75パーセント以上の場合を指します。
  3. 令和2年度において、河川全38地点、海域全9地点の47地点すべてでで環境基準を達成しました。

「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」実行計画に基づく水質評価(環境基準達成状況)

 「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」実行計画においては、計画の目標として「河川・水質の水質に係る国の環境基準を100パーセント達成、維持する」ことを設定しています。

 令和2年度の大阪市の河川・海域の水質に係る生活環境の保全に関する環境基準(生活環境項目)(環境省ホームページ)別ウィンドウで開くは、BOD(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素要求量)など7項目については、全測定地点で達成していますが、pH(水素イオン濃度)やDO(溶存酸素量)、全亜鉛、大腸菌群数の4項目については一部の地点で未達成となっています。

 また、人の健康の保護に関する環境基準(健康項目)(環境省ホームページ)別ウィンドウで開くにおいては、海水の影響によりふっ素及びほう素については一部の地点で未達成となっていますが、それ以外の項目については全測定地点で環境基準を達成しています。

 全項目の環境基準達成率は、96.7パーセント(令和元年度は95.5パーセント)です。今後は、100パーセント達成を目指して、「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」実行計画に基づき、水環境改善に向けた取り組みを進めます。

環境基準項目に係る達成割合一覧(令和2年度)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

底質

 大阪市では、市内河川5地点において、年1回底質の調査を実施しています。

(但し、平成30年度より天保山渡と甚兵衛渡は隔年調査を交互に実施しています)

 底質汚染に関する基準としては、総水銀とPCBについて暫定除去基準(環境省ホームページ)別ウィンドウで開くが設けられています。

底質調査結果

 大阪市内河川における令和2年度の調査結果は、いずれの地点も暫定除去基準を下回っています。

 【暫定除去基準】総水銀(河川):25ミリグラムパーキログラム PCB:10ミリグラムパーキログラム  (ミリグラムパーキログラム=ppm)

令和2年度底質調査結果
調査地点河川名含水率(パーセント)pH総水銀(ミリグラムパーキログラム)アルキル水銀(ミリグラムパーキログラム)P C B(ミリグラムパーキログラム)
千船橋神崎川537.57.3<0.010.67
大黒橋道頓堀川

29

7.80.72<0.010.38
甚兵衛渡尻無川577.21.1<0.010.54
千本松渡木津川367.60.56<0.010.29
【試料採取:令和2年5月15日】
海洋プラスチックごみと水環境のページに移動します。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境管理部環境管理課水環境保全グループ

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO’s棟南館5階

電話:06-6615-7984

ファックス:06-6615-7949

メール送信フォーム