ページの先頭です

大阪市内産イタリア野菜の取り組みについて

2020年12月14日

ページ番号:490645

 大阪市では、市内で栽培された農産物の付加価値を高めることで産地ブランド化の推進を行っております。

 現在、飲食店等で取り扱われているイタリア野菜の大半は、海外から輸入されたものであり、鮮度や栄養価が落ちたものとなっているため、近年、国産イタリア野菜は、飲食店等を中心に高い人気があります。

 飲食店が密集し消費地に近いという本市の特色を活かし、「市内産イタリア野菜」の活用を推進するための取り組みを行っております。

イタリア野菜

(代表的なイタリア野菜)
上段左側より
カリフローレ、ビエトラ、ラディッキオ

下段左側より
カリーノケール、カーボロネロ、ロメインレタス、ラディッキオ、ビーツ

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局産業振興部産業振興課農業担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル オズ棟南館4階

電話:06‐6615‐3751

ファックス:06‐6614‐0190

メール送信フォーム