ページの先頭です

大阪市排水設備工事施行業者の新規指定申請手続きについて

2019年11月8日

ページ番号:7391

申請要件

(「排水設備工事施行業者指定規則」第3条に定められている、主なものは次のとおりです。)

  • 大阪府内に営業所を有すること
  • 大阪市に登録をした専属の責任技術者を有すること
  • 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないものでないこと

 など

上記の申請要件を満たし、大阪市排水設備工事施行業者の指定を受けようとするものは、次の申請書類を用意し担当窓口まで提出してください。

申請書類

(1)排水設備工事施行業者指定申請書(第1号様式)

(2)印鑑届(第2号様式) (注)届出に使用する代表者印を押印してください。

(3)所有器材調書(第17号様式)

(4)営業所状況報告書(第3号様式)
 (注)位置図には、最寄りの駅またはバス停等からの地図を記入してください。住宅地図等を貼付けしていただいても結構です。

(5)大阪市排水設備工事責任技術者届(第4号様式)

(6)委任状(第5号様式)
 (注)法人で営業所や支店で指定申請する場合のみ、本社からの委任状が必要です。

 

 以上の様式は、こちらからダウンロードできます。

 

(添付書類)

(7)【個人の業者】住民票記載事項証明書または登録原票記載事項証明書、外国人登録原票記載事項証明書、記載事項証明書のいずれか(原本)
 【法人の業者】履歴事項全部証明書(原本)および定款の写し

(8)営業所の写真(店舗外観、事務室内部、倉庫内部) 計3種類
 (注)写真は、A4の用紙に貼付けしてください。また、店舗外観の写真は、看板が鮮明に写ったものを提出してください。

(9)責任技術者証(大阪市にて発行しているもの)
 (注)責任技術者の新規登録を同時に行う場合は、こちらの申請書類を提出してください。

(10)大阪府下の他の市町村で排水設備の指定を受けている場合はそれを証明する書類(指定証の写しなど)
 (注)大阪市以外の市町村でまだ指定を受けていない場合は、提出不要です。

申請書類記入上の注意

(1)排水設備工事施行業者指定申請書

  •  申請者氏名印の欄は、代表者の氏名を記入し、印鑑は代表者印(印鑑届と同じ印鑑)を使用してください。
  •  所属責任技術者氏名の欄には、すでに大阪市に登録している責任技術者が在職している場合は、その責任技術者番号と氏名を、今回の指定申請と同時に責任技術者の新規登録を行う場合は、その方の氏名のみを記入してください。
  • 責任技術者については、1人以上であれば人数は問いません。
  • 雇用技術者氏名の欄は、参考として技術員や配管工として所属されている方の氏名と、合計人数を記入してください。(人数が多く、記入欄におさまらない場合は記入できる範囲で結構です。)

(2)印鑑届

  • 届出に使用する印鑑を押印してください。実印でなくても結構ですが、必ず代表者印でお願いします。
  • 全ての申請書類において、この印鑑を使用してください。

(3)所有器材調書

  • 器材の総計を記入する欄がありますので、それぞれについて何組所有しているかを記入してください。その内訳として主な工具をあげていますので、所有しているものについてはその数量を記入してください。また、他に所有している器材がある場合は、空欄に記入してください。

(5)大阪市排水設備工事責任技術者届

  •  (1)の所属責任技術者氏名の欄に記入している人(全員分)について記入してください。

(10)大阪府下の他の市町村の指定証の写し

  • 他の市町村で排水設備工事業者の指定を受けている場合についてのみ提出してください。複数の市町村で指定を受けている場合は、そのうち1つだけで結構です。
  • 提出されない場合、当局から店舗調査に伺いますのであらかじめご了承ください。

このページの作成者・問合せ先

建設局 総務部 経理課(下水道使用料担当)
電話: 06-6615-7545 ファックス: 06-6615-7575
住所: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

メール送信フォーム