ページの先頭です

7.大阪開港(かいこう)の地・大阪電信発祥(でんしんはっしょう)の地・川口運上所(うんじょうしょ)・外務局跡

2019年6月27日

ページ番号:9511


西区川口二丁目 大阪税関富島出張所構内

大阪シティバス「川口一丁目」下車 西約250m

 

 長い鎖国後、ようやく諸外国へ門戸をひらくことになり、明治元年7月15日大阪では川口を開港場とした。ここには運上所(うんじょうしょ)(税関)、外国事務局なとが設置されて、名実ともに開港場としての姿を備えていた。つづいて明治3年には電信局もおかれ、川口-造幣局間・神戸間の2線が開通した。しかし川口は名のとおり、安治川上流の小規模な河川港であったため、外国船の来航が減少し大阪経済も沈滞したので、明治30年から、現在に見られる市営の築港工事がはじめられた。

「大阪開港の地」の写真

大阪開港の地

「大阪電信発祥の地」の写真

大阪電信発祥の地

 

周辺地図へ

 

上町台地北コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示