ページの先頭です

48.月山貞一(がっさんさだかず)旧居跡

2019年7月1日

ページ番号:9661


中央区鎗屋町一丁目2

オオサカメトロ谷町線・地下鉄中央線「谷町四丁目」下車 西約150m

 

 大坂は江戸時代初期から、国内有数の刀剣製作王国であった。「大坂新刀」といわれる直截(ちょくせつ)的な優美華麗さがその特色である。この伝統を引き継ぐのが月山家で当地で活躍した。貞一(天保7年、1836-大正7年、1918)は幕末から維新にかけて大坂を代表する刀工であった。生涯鍛刀一筋に生き、銘ぶりの見事なことでも有名で、帝室技芸員に選ばれ、明治天皇の佩刀(はいとう)や伊勢神宮の宝刀をきたえている。なおこの系統をひく刀工は現在も各地で栄えている。

「月山貞一旧居跡」の写真

 

周辺地図へ

 

上町台地北コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示