ページの先頭です

83.広瀬旭荘(ひろせきょくそう)墓所

2019年7月1日

ページ番号:9767


天王寺区茶臼山町1-31 統国寺

オオサカメトロ御堂筋線・JR「天王寺」下車 北約200m

 

 旭荘は、文化4年(1807)大分県日田に生まれた。兄に広瀬淡窓(たんそう)がいる。はじめ兄の学塾、咸宜園(かんぎえん)の経営を助けたが、天保7年(1836)30歳のとき来坂、堺に開塾した。一時期江戸にも居住し、しばしば旅に出たが、終生大坂を根拠に活躍した。著述にはげみ、詩にすぐれ、詩文の指導には規範を強いず、個性を尊重した。とくに27歳のときから、死の5日前まで書きつづけた日記「日間瑣事備忘(にっかんさじびぼう)」は、旭荘と当時を伝える貴重な資料となっている。文久3年(1863)没、57歳。
 なお当寺は、間長涯(はざまちょうがい)(「間長涯天文観測の地」の項参照)の墓所でもある。

「広瀬旭荘墓所」の写真

 

周辺地図へ

 

上町台地北コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示