ページの先頭です

13.蔵屋敷(くらやしき)跡

2019年7月1日

ページ番号:9873


北区中之島五丁目3 リーガロイヤルホテル前

大阪シティバス「玉江橋」下車 西約200m

 

 江戸時代、諸藩は年貢米の換金や産物の売りさばきのため、水運の便のよい中之島周辺に蔵屋敷を建てそこへ搬入、一時その管理にあたった。当地は高松藩蔵屋敷跡である。蔵屋敷には舟が屋敷内へ直接入れるよう水門が設けられていた。
 平成2年7月、大阪高等裁判所構内で地下駐車場の工事のとき佐賀藩蔵屋敷跡が発掘調査され、長大な船溜・屋形・米蔵などの並ぶ様子が確認された。明治5年、廃藩置県のときそれら蔵屋敷は払い下げられたが、その数135にも及んでいた。

「蔵屋敷跡」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示