ページの先頭です

16.浄祐(じょうゆう)寺

2019年7月1日

ページ番号:9883

北区堂島三丁目3-5

大阪シティバス「出入橋」下車 南約100m

 

 創建不明、日蓮宗寺院。当寺には赤穂浪士矢頭長助(やとうちょうすけ)、右衛門七(えもしち)父子の墓と、五大力(ごだいりき)墓がある。
 長助は討入り前に死ぬが、子の右衛門七は父の遺志をつぎ討入りを果たした。江戸への討入りのとき貧乏で路用がなく、里人から借金をして出発した。大石良雄はのちになってこのことを知り、里人に5両を返して感謝した。里人は討入りを伝え聞き、墓をつくったという。
 五大力墓は、元文(げんぶん)2年(1737)夏、曽根崎新地で実際にあった5人殺傷事件で、その犠牲者の墓である。恋に狂った武士が起こしたこの刃傷沙汰は、「五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」として早速劇化され、評判をよんだ。

「浄祐寺」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示