ページの先頭です

26.鶴乃茶屋(つるのちゃや)跡碑

2019年7月1日

ページ番号:9924

北区茶屋町8-6

オオサカメトロ御堂筋線「梅田」下車 北約300m

 

 この付近は明治中期、大阪市民の行楽の地で、鶴、萩、車という茶屋が並んで賑わった。明治22年には八角9階建ての凌雲(りょううん)閣という、当時としては珍しい高層建築も出現して人気をよんだ。現在も通りの裏に、それらしい名残りをみせている。
 また、この前の道は中国街道(高麗橋から淀川区を通過し下関へ)にあたり、綱敷天神社の社前付近から屈曲した道が、かつての面影をとどめている。

「鶴乃茶屋跡碑」の写真

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示