ページの先頭です

52.都島神社・石造三重宝篋印(ほうきょういん)塔

2019年7月1日

ページ番号:10009

都島区都島本通一丁目5

オオサカメトロ谷町線「都島」下車 西約200m

 

 神社は後白河法皇の創建と伝える。天照大神(あまてらすおおみかみ)を主神に多くの神を祭るので、十五神社ともいわれている。境内の石造三重宝篋印塔は、嘉元(かげん)2年(1304)在銘で大阪府有形文化財に指定されている。
 宝篋印塔は、経典を納める塔であるが、供養塔や墓塔としても建てられている。屋根の四隅に突起した飾りをつけ、塔身には仏像や梵字を刻してあるが、当地のものは、三層に積み上げた類例の少ない珍しい形式を示している。

「都島神社」の写真

都島神社

「石造三重宝篋印塔」の写真

石造三重宝篋印塔

 

周辺地図へ

 

中之島・鶴見コースのトップページへ

 

各史跡についての問合せ先は

大阪市教育委員会事務局生涯学習部文化財保護担当

 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号大阪市庁舎3F

 電話:06-6208-9166 ファックス:06-6201-5759

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

本ページの構成等についての問合せ先は

大阪市建設局道路部道路課

 住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6F

 電話:06-6615-6782 ファックス:06-6615-6582

このページへの別ルート

表示