ページの先頭です

「阪急電鉄京都線・千里線連続立体交差事業」の土壌汚染調査の結果について

2018年7月11日

ページ番号:441370

 大阪市では、「阪急電鉄京都線・千里線連続立体交差事業」を進めており、新たに取得した事業用地において、土壌汚染の有無を把握する調査を実施したところ、土壌汚染が判明したため、その結果についてお知らせします。

 なお、今回汚染が確認された箇所は、事業用地内でフェンス等により囲われ立ち入りできないよう閉鎖しており、周辺地域で地下水の飲用利用はないことを確認しておりますので、周辺住民の方々の健康に影響を及ぼす可能性はないものと考えております。

1.調査の概要

 事業用地のうち土地利用履歴から「汚染のおそれがある」と考えられる箇所において、土壌溶出量、及び土壌含有量調査を実施し、汚染の有無を確認しました。

(1) 調査箇所 【別添「1.調査位置図」を参照】

 大阪市東淀川区柴島一丁目(地番260-4、272-24の一部)  調査対象196平方メートル

(2) 調査期間

 平成29年8月23日から平成30年2月22日

(3) 調査方法

 土壌汚染対策法等に準拠した調査方法にて実施。

(4) 調査結果 

 全2区画のうち、2区画で六価クロム化合物、シアン化合物、ほう素及びその化合物の土壌溶出量の基準超過が確認され、2区画でシアン化合物の土壌含有量の基準超過が確認されました。(土壌汚染調査の結果は次の表に示すとおりです。)   
調査結果
項目測定方法基準値基準値超過の濃度範囲基準超過土壌地表面からの深さ備考
六価クロム化合物溶出量調査(ミリグラム/リットル)0.05ミリグラム/リットル以下0.15から0.49ミリグラム/リットル以下表層から1.8メートル・A-1区画
・A-2区画
含有量調査(ミリグラム/キログラム)250ミリグラム/キログラム以下--基準超過なし
シアン化合物溶出量調査(ミリグラム/リットル)検出されないこと1.2から2.3ミリグラム/リットル表層から1.3メートル・A-1区画
・A-2区画
含有量調査(ミリグラム/キログラム)50ミリグラム/キログラム以下78から140ミリグラム/キログラム表層から1.3メートル・A-1区画
・A-2区画
鉛及びその化合物溶出量調査(ミリグラム/リットル)0.01ミリグラム/リットル以下--基準超過なし
含有量調査(ミリグラム/キログラム)150ミリグラム/キログラム以下--基準超過なし
ほう素及びその化合物溶出量調査(ミリグラム/リットル)1ミリグラム/リットル3.0から4.3ミリグラム/リットル表層から1.8メートル・A-1区画
・A-2区画
含有量調査(ミリグラム/キログラム)4000ミリグラム/キログラム--基準超過なし

2.汚染区域の現在の状況

 汚染されている箇所は、事業用地内でありフェンス等で囲われ立ち入りできないよう閉鎖されています。

3.汚染土壌の対策

 汚染されている箇所は、平成30年7月6日に形質変更時要届出区域に指定されており、区画や土壌ごとに汚染土の処理方針を策定し、関係法令を順守し適切に工事を行います。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局道路部街路課鉄道交差担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6762

ファックス:06-6615-6582

メール送信フォーム