ページの先頭です

大阪市のいじめ対策

2021年4月6日

ページ番号:515458


 大阪市では、「大阪市教育振興基本計画」において、「子どもが安心して成長できる安全な社会(学校園・家庭・地域)の実現」を最重要課題の一つとして掲げ、安全で安心できる学校・教育環境の実現に向け、さまざまな施策を行っています。とりわけ、いじめの問題については、平成27年に「大阪市のいじめ対策の基本方針」を策定し、「いじめを受けた子どもの救済と尊厳」を最優先とし、8つのいじめ対策の基本理念のもと、本方針に基づく対応をすすめています。

大阪市いじめ対策基本方針 ~ 子どもの尊厳を守るために ~

いじめ対策基本方針

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

関連方針・規則など

大阪市における取組

 「いじめは生命をもおびやかす行為であり、人間として絶対に許されない行為である」ことを認識し、すべての子どもが自他の尊厳を認め合い、好ましい人間関係を確立できるような教育活動を行うとともに、教職員を対象として研修等を実施しています。

 また、個々のケースに対して、スクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラー等の活用、第三者専門家チームの派遣等の支援を行っております。

「いじめについて考える日」の取組

 大阪市教育委員会では、平成29年度より「いじめについて考える日」を設定し、大阪市立のすべての小学校・中学校・高等学校の各校でいじめを許さない学校づくりに取り組んでいます。

「学校安心ルール」の活用

  「学校安心ルール」は、あらかじめルールを明示することにより、子どもたちがしてはいけないことを自覚したうえで、自らを律することができるよう促すことを目的として作成したものです。

第三者委員会の常設化

 児童等がその生命等に著しく重大な被害を受けた事案に関する調査審議等を行う第三者委員会について、あらかじめ委員を委嘱し、常設化することとします。これにより、対象事案の発生後、直ちに専門性を持った第三者による初動調査が可能となり、迅速な対応につなげていきます。 

児童等がその生命等に著しく重大な被害を受けた事案に関する第三者委員会

開催状況

調査報告書を踏まえた教育委員会の対応(平成30年度大人事人第54号について)

  • 指導部長による訓示動画を全教職員で視聴
  • 「大阪市いじめ対策基本方針」の内容理解のための研修の実施
  • 全校の「学校いじめ防止基本方針」の内容を再確認
  • 検証結果に基づく対応ポイントを全校周知
  • 第三者委員会の調査報告書を受けた対応について(平成30年度大人事人第54号について)

    SNSリンクは別ウィンドウで開きます

    • Facebookでシェア
    • twitterでツイートする
    • LINEで送る

    探している情報が見つからない

    このページに対してご意見をお聞かせください

    入力欄を開く

    ご注意

    1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
    2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
    3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

    このページの作成者・問合せ先

    大阪市 教育委員会事務局総務部総務課法務・連絡調整グループ

    住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

    電話:06-6208-9079

    ファックス:06-6202-7052

    メール送信フォーム