ページの先頭です

外国籍住民

2019年1月23日

ページ番号:275071

外国籍住民(※1)

 日本で暮らす外国人住民(※2)数は、約205万人(平成25年6月末現在)となっており、地域や職場、学校など、皆さんの身近なところで、国籍や民族の異なる人々との出会いや交流が見られるようになっています。

 大阪市の外国人住民数は、平成25年末現在、政令指定都市の中で最も多い、11万6千人余りとなっています。国籍別にみると、その約 63%が韓国・朝鮮籍、約25%が中国籍で、国・地域は総じて130を超えています。また、国籍は日本であっても、両親や祖父母のいずれかが外国籍といった「外国にルーツを持つ人」も増えてきています。

 外国籍住民の中には、日常生活の中で様々な困難や不利益を感じられていることがあります。日本語が話せない、十分に理解できないために、役所や学校からの必要な情報が届かなかったり、地域や職場、学校の中で孤立し、阻害されることもあります。日本語が理解できる場合でも、「外国籍」ということで賃貸住宅の入居を断られたり、就きたい職業に就けなかったり、結婚に反対されるといったことも起こっています。

 大阪市では、平成16(2004)年に「大阪市外国籍住民施策基本指針」を改定しました。この指針は、外国籍住民の人権を尊重し、市民の誰もがお互いの文化を認め合い、自分らしく生きることのできる多文化共生社会の実現をめざしています。外国籍住民の社会参加をすすめ、外国籍住民も共に地域社会を担う一員として活躍できる多文化共生のまちづくりに向け、市民・NPO・地域社会の皆さんと一緒に、今後も力を合わせて取り組んでまいります。

用語解説

※1 外国籍住民

 本市においては、施策・事業等の対象者として、大阪市内に居住されている方で、現在の国籍が外国籍である人だけではなく外国にルーツを持つ人を総称して「外国籍住民」と表現している。

※2 外国人住民

 住民基本台帳法では、市町村の区域内に住所を有する者のうち、日本の国籍を有しない者で同法により定める者を「外国人住民」としている。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市民局 ダイバーシティ推進室 人権企画課
電話: 06-6208-7619 ファックス: 06-6202-7073
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

メール送信フォーム