ページの先頭です

「いのちの大切さを伝える」講演会を開催しませんか?

2019年8月1日

ページ番号:351516

令和元年度「いのちの大切さを伝える」講演会講師派遣事業

「いのちの大切さを伝える」講演会へ講師を派遣します!

※令和元年度の講師派遣事業につきましては申込件数が派遣予定数(年間12に達したため、申込みを締め切らせていただきました

 犯罪被害は、いつ誰に起きるかわかりません。
 誰もが安心して暮らせる社会を実現するには、犯罪の防止だけでなく、不幸にして犯罪にあわれた方々が、再び平穏な生活ができるようになるために、市民の方々の理解と協力が必要です。
 大阪市内に在住・在勤・在学の方々で構成されているグループが開催される講演会や研修会へ、犯罪の被害にあわれた方のご家族やご遺族の方を講師として無償で派遣させていただきますので、この機会に、犯罪被害者等のお話を聴いていただき、犯罪被害への理解を深めるとともに、「いのちの大切さ」について考える機会としていただければ幸いです。

講演のテーマ

 ● 交通被害
    ・ 悲惨な事故をなくすために
    ・ 安心して暮らせる街を目指して

 ● 少年事件被害
    ・ 少年犯罪を考える
    ・ 命の大切さを考える

会場

 応募されたグループで、ご用意ください。

講演時間

 1時間です。

費用

 無料(講師料は大阪市が負担します。)

申込み・問合せ

 講演会などの予定日の2か月以上前に、市民局人権企画課へ電話(電話:06-6208-7619)で空き状況をご確認いただいたのち、応募用紙に必要事項をご記入のうえ、ファックス(ファックス:06-6202-7073)で送信してください。

※ ファックス送信後、送信した旨の電話をいれていただきますようお願いいたします。
※ ファックスをお持ちでない場合は、市民局人権企画課(電話:06-6208-7619)へ、その旨お伝えください。
※ 申込時にお伺いした個人情報については、本事業の申込内容の確認や、連絡のみに利用いたします。
※ 派遣予定数(年間12件)になりしだい、締め切らせていただきます。

講師派遣 募集案内及び応募用紙

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページの作成者・問合せ先

市民局 ダイバーシティ推進室 人権企画課
電話: 06-6208-7619 ファックス: 06-6202-7073
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)