ページの先頭です

【検討終了】地下駅における浸水対策促進事業

2019年9月27日

ページ番号:313573

概要(説明)

河川氾濫、津波、高潮、局地的集中豪雨等による地下駅又はトンネルへの浸水を防ぐために民間鉄道駅を対象に、駅出入口・トンネル坑口、換気口等の開口部及びトンネル内について、止水板、防水扉、浸水防止機等の整備により浸水対策を行う事業に対し、補助金を交付することにより、地下駅の浸水対策を促進しています。

※大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)を除く

発端(きっかけ)は何?

平成27年4月 国において地下駅の浸水対策に関する新しい国庫補助制度創設

寄せられたご意見

特にありませんでした。

今後の予定は?

平成30年度補助実績:阪神福島駅(出入口等に止水扉を設置し、地下駅への浸水の防止を図る。)整備完了。

どこまで進んでいるのか?

平成27年6月1日 補助金交付要綱の改正

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市計画局計画部交通政策課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

電話:06-6208-7841

ファックス:06-6231-3753

メール送信フォーム