ページの先頭です

住民の助け合いによる生活支援活動事業(モデル事業)

2018年10月30日

ページ番号:441285

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、ひとり暮らし高齢者や夫婦のみの高齢者世帯の増加が予測されるなか、高齢者が要介護・要支援認定に至らず元気にいきいきと生活できるよう、社会参加を通じた介護予防活動を推進する必要があります。また、高齢者が何らかの支援を必要とする状態になった場合であっても、有資格の専門職からのサービス提供だけでなく、地域住民の支え合いによる生活支援サービスの提供など、多様な主体による多様なサービスの充実を図り、要支援者等の状態やニーズに合った効果的な支援とサービス選択の幅をひろげる必要があります。

そのため大阪市では、平成27年10月から実施している「介護予防ポイント事業」の枠組みを活用し、地域にお住いの高齢者が自身の生きがいづくりや介護予防のための活動として、生活支援を必要とする在宅の要支援者等に対して生活支援活動を提供する、「住民の助け合いによる生活支援活動事業」(以下「助け合い活動事業」という。)を平成30年7月から市内の一部の地域においてモデル的に実施します。なお、この「助け合い活動事業」は、平成29年4月から実施している介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービスのひとつとして位置付けます。

実施地域(モデル事業)

  • 東成区全域(区内のみ)
  • 生野区全域(区内のみ)
  • 住之江区(南港地域のみ)

コーディネート業務受託事業者の紹介

  • 東成区:社会福祉法人 大阪市東成区社会福祉協議会

大阪市東成区社会福祉協議会の住民の助け合いによる生活支援活動チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
  • 生野区:特定非営利活動法人 フェリスモンテ

NPO法人フェリスモンテの住民の助け合いによる生活支援活動チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
  • 住之江区(南港地域のみ):特定非営利活動法人 エスペランサ

NPO法人エスペランサの住民の助け合いによる生活支援活動チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

利用する場合

利用対象者

要支援1又は2の方等で、この事業がサービスを提供するものではなく、住民相互の助け合いの活動であることをご理解いただける方

利用回数等

月8回まで(1回当たり概ね60分以内) 注:1日に複数回利用することはできません。

利用料

ご利用1回につき100円

利用手続き

ご利用する場合は、担当のケアマネジャーにご相談ください。

活動する場合

活動者

大阪市内にお住まいの65歳以上の方(本市介護保険の第1号被保険者)でかつ、「大阪市介護予防ポイント事業」に参加登録されている方
ただし、生活支援活動を提供するにあたっては、コーディネート業務受託事業者が実施する一定の研修を受けていただきます。

活動内容

  1. 買物(日常品の買物)、掃除(居室内の掃除、ゴミ出し)、洗濯(洗濯機による洗濯・乾燥、取入れ・収納など)
  2. 買物同行、通院同行、薬の受取同行など
  3. 上記1、2の活動とともに行うその他の生活支援活動(電球交換、植木の水やり、話し相手など)

注:3の活動だけを利用することは本事業の対象外となります。

活動者への実費弁償程度の謝礼

利用者からの利用料100円+介護予防ポイント600円(6ポイント) 計700円

注:介護予防ポイントについては、1月当たり60ポイント(6,000円)を換金上限とします。

その他

この事業の実施主体は大阪市であり、活動者に対しては「大阪市介護予防ポイント事業」の活動登録者として、大阪市が市民活動保険(損害賠償責任保険・傷害保険)に加入します。

地域包括支援センター・ケアマネジャー向け情報

助け合い活動事業の利用の手続き

要支援者等が助け合い活動事業を利用するためには、地域包括支援センター(一部委託を受けた居宅支援事業所を含む。)によるケアマネジメントが必要です。

ケアマネジャーは、ケアプランに助け合い活動事業を位置付けたうえで、コーディネート業務受託事業者に活動調整の依頼を行い、作成したケアプラン及びサービス提供票をコーディネート業務受託事業者に提出してください。

詳しくは、「地域包括支援センター管理者会での説明資料」をご覧ください。

住民の助け合いによる生活支援活動事業(モデル事業)に関する地域包括支援センター管理者会での説明資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

サービスコード表・単位数表マスタファイル

助け合い活動事業には、サービスコードを設定しています。詳しくは、サービスコード表をご確認ください。

大阪市介護予防・日常生活支援総合事業サービスコード表


地域包括支援センター(一部委託を受けた居宅介護支援事業所を含む。)がサービス利用票・サービス提供票等を作成するためには、お使いのシステム・請求ソフト等に単位数表マスタファイルを取り込んでいただく必要があります。

大阪市介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタ

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 福祉局高齢者施策部高齢福祉課在宅サービス事業グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9957

ファックス:06-6202-6964

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示