ページの先頭です

平成29年度におけるダイオキシン類対策特別措置法第28条に基づく設置者による測定結果

2018年7月27日

ページ番号:370450

測定結果

 大阪市では、ダイオキシン類対策特別措置法における特定施設から排出されるガス等中のダイオキシン類の測定結果について、設置者から報告があり、その結果をとりまとめました。
 今回公表する測定結果は、平成29年4月1日から平成30年3月31日の間に測定され、報告があった47施設のものであり、当該報告は、報告対象施設・事業場の全てから行われ、全て基準に適合していました。

1 測定結果報告施設数

測定結果報告施設数
 特定施設の種類報告施設数(注)報告対象施設数(注)未報告施設数
大気製鋼用電気炉7(4)7(4)0
廃棄物焼却炉35(22)35(22)0
水質廃棄物焼却炉に係る
廃ガス洗浄施設
1(1)1(1)0
下水道終末処理施設 4(4)4(4)0
合計47(31)47(31)0
(注)括弧内は工場・事業場数

2 測定結果の概要

(1)排出ガス

全ての大気基準適用施設からの排出ガスは、排出基準に適合していました。

排出ガスの測定結果

 施設の種類

排出基準

ナノグラム-TEQ/ノルマル立方メートル

報告

施設数

測定結果

ナノグラム-TEQ/ノルマル立方メートル

製鋼用電気炉

既設

5

7

0.00011~0.84

廃棄物焼却炉

焼却能力

4トン/時以上

既設

1

8

0.000053~0.42

新設

0.1

10

0~0.0052

2トン/時以上
4トン/時未満

既設

5

5

0.00012~0.69

新設

1

1

0.00000078

2トン/時未満

既設

10

9

0.033~4.2

新設

5

2

0.0000079~0.70

(注)既設施設基準は平成12年1月15日以前に設置され、又は設置の工事がされている特定施設について適用。なお、平成9年12月2日以降に設置され、大気汚染防止法において新設施設の指定物質抑制基準が適用されていた施設については、新設施設の排出基準を適用。

(2)燃え殻、ばいじん

処理基準値(3ナノグラム-TEQ/グラム)が適用される燃え殻・ばいじんについては、全ての施設において基準に適合していました。
燃え殻・ばいじんの測定結果
区分処理基準値(注)
(ナノグラム-TEQ/グラム)
報告施設数
(基準値適用外施設(注)を含む)
測定結果
(ナノグラム-TEQ/グラム)
燃え殻3290~0.68
ばいじん3290~1.8
(注)平成12年1月15日以前に設置され、又は設置の工事がされている施設において、セメント固化、薬剤処理又は酸抽出処理を行ったものは、基準を適用しない。(ダイオキシン類対策特別措置法施行規則附則第2条第3項)

(3)排出水

河川等に排出される水質基準適用事業場からの排出水は、全て排出基準に適合していました。
排出水の測定結果
特定施設の種類排出基準
(ピコグラム-TEQ/リットル)
報告事業場数測定結果
(ピコグラム-TEQ/リットル)
廃棄物焼却炉に係る
廃ガス洗浄施設
1010.21
下水道終末処理施設1040.00046~0.0017

3 測定結果の詳細

平成29年度における設置者によるダイオキシン類濃度測定結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

4 その他

過去の測定結果

大阪府域の測定結果

参考

用語の解説
  1. ダイオキシン類
    ダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)とポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)及びコプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)の総称であり、化学物質の合成過程、燃焼過程などで非意図的に生成される。PCDD には75 種類、PCDF には135種類、コプラナーPCB には10 数種の異性体が存在する。(このうち、毒性があるとされているのはPCDD で7 種類、PCDF で10 種類、コプラナーPCB で12 種類の計29 種類)

  2. 毒性等量(TEQ
    ダイオキシン類は種類が多く、毒性の強さがそれぞれ異なる。このため、ダイオキシン類による毒性の強さを表す方法として、最も毒性の強い2,3,7,8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(2,3,7,8-TCDD)を基準にした濃度に換算することが一般的に行われる。

    換算方法は、それぞれのダイオキシン類の検出濃度に2,3,7,8-TCDD を基準にした係数(毒性等価ファクター:TEF)を乗じ、その合計値を求める。なお、2,3,7,8-TCDD の係数は1としている。

  3. 耐容一日摂取量(Tolerable Daily Intake:TDI)
    長期にわたり体内に取り込むことにより健康影響が懸念される化学物質について、その量までは人が一生涯にわたり摂取しても健康に対する有害な影響が現れないと判断される体重1kg当たりの1日当たり摂取量。

  4. 単位の説明
    ナノグラム(ng):10億分の1グラムを表す単位
    ピコグラム(pg):1兆分の1グラムを表す単位
    ノルマル立方メートル(m3N):0度1気圧の状態に換算した気体の体積(立方メートル)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境管理部環境管理課化学物質対策グループ

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO’s棟南館5階

電話:06-6615-7988

ファックス:06-6615-7949

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示