ページの先頭です

【随時受付】学校・幼稚園の講師募集

2017年11月22日

ページ番号:379725

大阪市立学校・幼稚園の講師登録のご案内

大阪市教育委員会では、大阪市立幼稚園・小学校・中学校・高等学校で子供たちに教える講師を募集しています。
年度途中の採用もありますので、講師登録は随時受け付けています。
現在、中学校では国語科、音楽科、家庭科の登録を特に募集しています。
年齢や経験は問いませんし、教員免許状取得見込みの方も応募することができます。

講師になると、教員採用選考テストで筆答テスト(1次)免除の特例が受けられます。
講師になりたい方は、まずは講師登録をおねがいします。このホームページからも仮登録ができますので、奮ってご登録ください。

また、講師採用相談会を不定期に開催していますので、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。


 


募集内容

1.募集職種

  • 幼稚園…………… 常勤講師
  • 小学校…………… 常勤講師 ・ 非常勤講師 ・ 非常勤嘱託員
  • 中学校…………… 常勤講師 ・ 非常勤講師 ・ 非常勤嘱託員
  • 高等学校………… 常勤講師 ・ 非常勤講師
  • 養護教諭………… 常勤講師
  • 栄養教諭………… 常勤講師

          詳しくは職種の解説をご覧ください。

 

2.勤務期間

  原則として1年度内の1か月~1年

 

3.応募資格

 (1)   希望する校種・教科の教諭普通免許状(養護教諭にあっては養護教諭普通免許状)をお持ちの方、または採用までに取得見込みの方
  
※  教諭免許状の有効期限について
平成214月から教員免許更新制が実施されています。有効期限の記載がない旧免許状をお持ちの方は、修了確認期限までに更新講習修了確認を受けていないと採用されません。教員免許更新制の詳細については、文部科学省ホームページ別ウィンドウで開く大阪府教育委員会ホームページ別ウィンドウで開くをご参照ください。

 (2) 地方公務員法第16条別ウィンドウで開く学校教育法第9条に定める欠格事項別ウィンドウで開くに該当しない方

 (注)身体に障がいを有する方も登録できますのでご相談ください。

登録方法

次の3種類の方法があります。

 1.電子申請により仮登録する方法

 2.送付により仮登録する方法

 3.仮登録せずに、全ての書類を持参して登録する方法

 

1.電子申請により仮登録する方法

 (1)大阪市電子申請・オンラインアンケートシステムにログインしていただき、必要事項を入力してください。

   ※ 大阪市電子申請・オンラインアンケートシステムのご利用にはアンケートシステムの利用者登録が必要です。

   ※ 電子申請による登録では仮登録となります。仮登録の段階では、採用のご案内はできません。

   ※ 日本国籍を有しない方については、原則として外国人登録証明書による本名を記入してください。

 (2)後述する受付日時に、受付窓口へ必要書類を持参し、担当者の面接を受けて登録を完了してください。

    必要書類

     ・写真を貼付した履歴書(pdf, 12.90KB)

     ・教員免許状に関する申告書(PDF形式, 562.33KB)

     ・お持ちの全種類の教員免許状の写し

      ※ 提出書類は一切お返しいたしません。

 

2.送付により仮登録する方法

 (1)このホームページから講師登録票をダウンロードし、必要事項をご入力いただき、次に掲げる必要書類も同封の上、後述する受付窓口に送付してください。

    必要書類

     ・講師登録票(PDF形式, 122.79KB)

     ・写真を貼付した履歴書(PDF形式, 12.90KB)

     ・教員免許状に関する申告書(PDF形式, 562.33KB)

     ・お持ちの全種類の教員免許状の写し

      ※ 封筒の表面に「講師登録票在中」と赤字で記載してください。

      ※ 送付による登録では仮登録となります。仮登録の段階では、採用のご案内はできません。

      ※ 日本国籍を有しない方については、原則として外国人登録証明書による本名を記入してください。

      ※ 提出書類は一切お返しいたしません。

 (2)後述する受付日時でご都合のよい時間に、受付窓口へ必要書類を持参し、担当者の面接を受けて登録を完了してください。

 

3.仮登録せずに、全ての書類を持参して登録する方法

 後述する受付日時でご都合のよい時間に、受付窓口へ必要書類を持参し、担当者の面接を受けて登録を完了してください。

    必要書類

     ・講師登録票(PDF形式, 122.79KB)

     ・写真を貼付した履歴書(pdf, 12.90KB)

     ・教員免許状に関する申告書(PDF形式, 562.33KB)

     ・お持ちの全種類の教員免許状の写し

※講師登録票や履歴書の様式は受付窓口にもありますので、そこで記入することもできます。ただし、写真1枚(4cm×3cmで3か月以内に上半身・正面を撮影したもの)を持参してください。

 

※講師登録票、履歴書、教員免許状に関する申告書はこのホームページからダウンロードできます。

 

受付日時

 平日の午前9時15分~正午、午後1時~午後5時(12月29日~1月3日を除く。) 

 ※ 混み具合により、待ち時間が発生することがあります。特に1月~3月は混雑が予想されますので、月曜日と金曜日の受付をお薦めします。

 ※ 予約等は不要です。

 

受付窓口

 〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

 大阪市教育委員会事務局教務部教職員人事担当(大阪市役所3階)

 (最寄駅 地下鉄御堂筋線・京阪電車「淀屋橋駅」1号出口すぐ)

 

留意事項

  ※登録が完了した方がもれなく採用されるわけではありません。

  ※登録の有効期限は登録から1年間です。

採用までのおおよその流れ

(1)登録のすべての手続きが完了

(2)学校・幼稚園での欠員等が生じ、必要がある場合には、担当者からご本人様宛てに電話にて採用についてのご案内

(3)受付窓口で健康診断の写し(1年以内に発行されたもの)を提出

 ※ 当日、教育委員会が指定する検査機関で受診することもできます。

(4)採用を決定した場合に、担当者からご本人様宛てに採用予定の学校名・幼稚園名を電話にて連絡

(5)採用予定の学校・幼稚園の校長・園長による面談

(6)勤務開始日からの出勤

職種の解説

常勤講師

 毎日、フルタイムで勤務する講師です。次の種類があります。

教諭が産前産後休暇や育児休業を取得する期間に任用する産休補助臨時講師育児休業臨時講師や、教諭が病気休職等に入る場合に任用する臨時講師、年度途中に欠員が生じた場合に任用する期限付講師があります。また
また、 小・中学校で、国語、算数・数学、英語の、習熟度別少人数授業などを担当する常勤講師もあります。

  • 勤務時間

    週あたり38時間45分(原則として月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時)

  • 基本給与(平成29年4月現在)

    大学新卒(4年制)  月額約236,400円(高等学校勤務の場合)

    大学新卒(4年制)  月額約236,400円(小中学校勤務の場合)

    大学新卒(4年制)  月額約232,000円(幼稚園勤務の場合)

    短大新卒(2年制)  月額約214,000円(高等学校勤務の場合)

    短大新卒(2年制)  月額約214,300円(小中学校勤務の場合)

    短大新卒(2年制)  月額約210,600円(幼稚園勤務の場合)

※上記の給与額は、教職調整額・地域手当・義務教育等教員特別手当が含まれています。

※給与の他に、一定の基準により通勤手当・扶養手当・住居手当が支給されます。(月の初日に要件を満たしている場合に限りその月の手当が支給されます。ただし、期限満了が月の初日の場合は、その月にかかる手当は支給されません。)

  • 休暇

    発令期間に応じて一定の基準により与えられます。

  • 社会保険等

    任用期間に応じて加入できます。

 

非常勤講師

 担当する授業の時間数に応じて勤務する講師です。

  • 勤務時間

    担当する授業の時間数(時間割)に応じての勤務です。

  • 給与

    授業1時間につき2,860円(平成29年4月現在)

    その他、通勤に係る費用弁償について、常勤職員の例に準じて算定します。

  • 休暇

    6か月を超える勤務者については、一定の基準により与えられます。

 

非常勤嘱託員

   小・中学校で、国語、算数・数学、英語の、習熟度別少人数授業などを担当します。

  • 勤務時間

    週あたり29時間

  • 給与

    報酬月額218,400円(平成29年4月現在)

  • 休暇

    発令期間に応じて一定の基準により与えられます。

  • 社会保険等

    任用期間に応じて加入できます。

欠格事項

地方公務員法第16条
 第十六条 次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

   一 成年被後見人又は被保佐人

   二 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者

   三 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者

   四 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、第六十条から第六十三条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者

   五 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

学校教育法第9条
 第九条 次の各号のいずれかに該当する者は、校長又は教員となることができない。

   一 成年被後見人又は被保佐人
   二 禁錮以上の刑に処せられた者

   三 教育職員免許法第十条第一項第二号又は第三号に該当することにより免許状がその効力を失い、当該失効の日から三年を経過しない者

   四 教育職員免許法第十一条第一項から第三項までの規定により免許状取上げの処分を受け、三年を経過しない者

   五  日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

(参考)校種別講師採用状況

平成28年4月1日~平成29年3月31日までの採用人数

講師採用状況

講師採用状況一覧
 校種別(養護教諭含む)   採用人数  
 幼稚園

    162人 

 小学校  1,233人
 中学校    801人
 高等学校    502人

よくあるご質問

(1)講師採用結果について

Q 採用・不採用の結果はどのように通知されるのですか?

A 採用に関しては、欠員の状況に応じて電話でご連絡いたします。欠員状況はその時々で変わってきますので、4月1日からの仕事が3月31日に決まる場合もあります。また、新年度の始業式の日からの採用も多数見込まれるため、4月に入ってからも連絡する場合があります。

 

(2)給与について

Q 給与はどれくらいですか?

A 上記の職種の解説をご覧ください。なお、常勤講師の場合は上記の金額に加え、講師の職歴等に応じて加算がある場合があります。

 

(3)大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テストでの特例について

Q 大阪市で講師として働いた場合、採用テストでの特例措置があると聞いたのですが、どのようなものですか?

A 大阪市教育委員会では教員採用選考において、講師経験がある人等を対象とした「各種特例」を設けております。詳細については、大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テスト【概要】のページをご覧ください。

 

(4)教員免許状取得見込みの場合の登録について

Q 現在は在学中で、まだ教員免許状を取得していません。取得見込みでも講師登録できますか?

A 教員免許状を取得見込みの方も、登録は可能です。ただし、実際にご勤務いただくのは教員免許状の取得後となりますので、ご注意ください。

講師登録票等については次のファイルをご覧ください

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

教育委員会事務局 教務部 教職員人事担当

電話: 06-6208-9125 ファックス: 06-6202-7053

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示