ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」の受賞企業が決定しました

[2016年2月26日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪市では、「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立(ワーク・ライフ・バランス)支援」「男性の育児や家事・地域活動への参画支援」を積極的に推進する企業等を認証し、その企業等が社会的に認知されることで取組みが広く普及するよう、「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業を実施しています。

 このたび、認証企業の中から、平成273月から同年12月までに認証された94団体を対象に、外部の有識者から成る選考会において選考を行い、先進性に富む、あるいは地道な努力を続けておられる企業等を表彰する平成27年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」の最優秀賞3団体、優秀賞7団体を決定しました。

受賞起業(50音順)

 最優秀賞

・大阪ガス株式会社

女性社員を対象にキャリア意識の醸成や人脈形成のためのメンタリングプログラムが実施されるとともに、全管理職を対象に性別固定的役割意識を解消するための研修が実施される等、組織全体で計画性をもって女性の活躍推進に取り組んでいる。仕事と生活の両立支援制度も充実しており、長時間労働の抑制に資するスマートワーク推進活動(ITを活用したタイムマネジメント)等の工夫もみられる。

 ・クリロン化成株式会社

事業への女性活用策やその意義について「クリロン女性の活躍と人材マネジメント」を社内外に明示し、性別を問わないチャレンジ昇格制度により従業員のモチベーションを高める等、職場の活性化に取り組んでいる。また非正規の継続的な就労を促すため、社会保険料を会社が負担する等の努力が行われている。

 ・大和ハウス工業株式会社

従来女性の雇用が少なかった業種にあって、企業の対応力を高めるため中長期的な計画に基づき、女性の登用とそのための育成が行われている。分譲住宅や賃貸住宅商品の企画等において女性の視点が活かされている。ハローパパ休暇や親孝行支援制度(介護のための旅費を会社が負担)等、両立支援策も充実している。

 優秀賞

・公立大学法人大阪市立大学

女性研究者を支援する部門を設置して諸施策を検討するとともに、研究者や学生、留学生が利用できる学内保育所を備えたり、男性の育児参加をテーマとしたシンポジウムを開催したりする等の環境整備に取り組んでいる。より一層、研究機関における女性活躍の推進を牽引していただきたい。

・関西電力株式会社

男性従業員向けに家事時短術やロールモデル・インタビューを紹介したり、ベストな共働きを考えるフォーラムを他企業と催したり、男性への意識改革に取り組んでいる。女性の部下をもつ上司に向けて、女性のキャリア意識を醸成するための研修も実施している。

・新教育総合研究会株式会社

経営者自身のことばで、女性が長く働き続けられるよう環境を整える方針を明示し、育児等の事情に柔軟な対応が可能となるよう諸規定を設けている。育児や介護により営業圏外への転居を余儀なくされた従業員が継続就労できるよう、新たな地域で事業を実施する等の努力を行っている。

・住友生命保険相互会社

女性の正規雇用が多く、「スミセイなでしこ計画」に基づき女性の育成及び管理職登用を積極的に推進している。活躍の基礎となる両立支援策を整え、ワーク・ライフ・バランス ハンドブックや育休・介護のサポートガイド等を作成し、利用の促進に努めている。

・社会保険労務士法人ティムス

全員が子育てや介護の事情を抱えながらも、小規模事業所の強みを生かし、業務の共有や効率化に地道な工夫がみられる。業務としてワーク・ライフ・バランスの重要性を社会に訴求しながら、それを自ら体現している。

・西日本電信電話株式会社

ダイバーシティ推進室を設置してその理念が組織全体に浸透するよう努め、具体的に女性の管理職登用等についても目標を掲げ取り組んでいる。従業員個々のライフプランに沿った休暇の取得や、育児サービス等を選択的に利用できるカフェテリアプラン等、ワーク・ライフ・バランスの支援も充実している。

・株式会社ビケンテクノ

事業所内認可保育園を設置し、また育児等の事由で退職を余儀なくされた従業員が3年間再入社できる権利を保障するカムバック制度等、環境を整えながら、女性の営業チームを編成する等、女性の活躍を明確に意識した経営戦略をとっている。

実施要綱

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

表彰式

 表彰式は平成28年3月5日(土曜日)13時より大阪産業創造館において行われる「21世紀型メンズライフプロジェクトフォーラム」の中で実施します。

 ◆主   催   大阪市

 ◆実施日時   平成28年3月5日(土曜日) 13時~16時30分

 ◆場    所   大阪産業創造館 4階イベントホール(中央区本町1丁目4番5号

 ◆内    容   1部 「若者のためのライフデザイン支援事業」大阪経済法科大学生による取組み報告
                                ※ 大学生の視点から取り組んだ内容を発表してもらいます。

            2部 平成27年度大阪市女性活躍リーディングカンパニー表彰式

                                本市出席者 中尾副市長

                           3部 パネルディスカッション

                                       「誰もが生涯輝き続けるために-支えあう職場づくりとは-」
   

                       イクメン企業アワード2015(厚生労働省主催)グランプリ受賞企業
                        ● 大同生命保険株式会社
                          人材力向上推進室 室長 大枝 恭子さん

                        大阪市女性活躍リーディングカンパニー認証企業 イクメン推進企業
                        ● 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
                          設計技術統括部 設計部 設計推進課 課長兼 女性活躍推進チーム
                          リーダー 安部 文子さん

                        大阪市女性活躍リーディングカンパニー認証企業
                       ● 小太郎漢方製薬株式会社
                         管理部総務課 次長  鳥谷 泰史さん

                       ● 特定非営利活動法人 ファザーリング・ジャパン 関西
                         副理事長 桜井 一宇さん

  ◆対   象   子育て中の方、共働き世帯の方、管理職の方など、大阪市内在住、在勤、在学の方 (男性、女性は問いません)

  ◆定   員   150名(申込先着順)

  ◆参 加 料   無料


申込み等 

  ウェブ、メール、またはファックスで事業名、名前、連絡先(電話番号とファックス番号)を下記事務局へ。

取材要領

  • 報道受付は、12時30分から会場前にて行います。
    受付にて名刺受け又は受付簿への記入をお願いします。
    なお、カメラ等の機材のセッティングについては、13時までに済ましてくださいますようお願いします。

  • 取材位置については、係員の指示に従ってください。会場内においては取材位置以外での取材は禁止とさせていただきます。

  • 取材に際しては、必ず市政記者カード又は社員(記者)証、及び自社腕章を見えやすいところに着用してください。自社腕章の着用が無い場合、取材いただけないことがございますので、ご注意ください。

  • カメラ取材は、1系列・1社・1カメラ(助手1名のみ)による取材をお願いします。

  • その他、係員の指示に従ってくださいますようお願いします。

   〈21世紀型メンズライフプロジェクト事務局別ウィンドウで開く
        電話番号:06-6251-6060  ファックス番号:06-6251-6606
        メールアドレス:21m-life@accept-inc.co.jp

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局ダイバーシティ推進室男女共同参画課

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話: 06-6208-9156 ファックス: 06-6202-7073

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]