ページの先頭です

障害者総合支援法の対象となる疾病が359疾病に拡大されます

2019年1月7日

ページ番号:204533

 平成25年4月1日に施行された「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)では、障がい者の定義に新たに難病等が追加されました。

 対象となる疾病は、平成25年4月1日当初130疾病でしたが、その後「障害者総合支援法対象疾病検討会」において対象疾病の検討が行われ、平成27年1月1日から151疾病に、平成27年7月1日から332疾病に、平成29年4月1日から358疾病に拡大されてきました。

 今般、同検討会における議論等を踏まえ、平成30年4月1日から、対象疾病が359疾病に拡大されます

 対象疾病を有する方で、症状の変動などにより、これまで身体障がい者手帳の取得ができなかった方について、必要と認められる場合、障がい福祉サービス等の利用ができるようになります。
 なお、障がい福祉サービス等の利用については、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、医師の診断書などの疾病名が確認できる資料をお持ちのうえ、お住まいの区の保健福祉センター福祉業務担当にご相談ください。

 また、障がい福祉サービスのほかに利用できるサービスについては、補装具、日常生活用具、障がい児通所・入所支援等があります。詳細については、次のリンク先より、各ページをご覧ください。

障がい福祉サービスの種類と内容(平成30年4月1日以降)

障がい福祉サービスの利用者負担及び軽減措置

補装具の修理・購入に係る費用を支給します

大阪市重度障がい者日常生活用具給付事業について

障がいのある児童のための支援について

 

平成30年4月1日からの障害者総合支援法の対象疾病一覧(359疾病)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

経過的に対象となっている疾病について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

周知リーフレット(厚生労働省作成)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 障がい者施策部 障がい支援課 自立支援事業グループ
電話: 06-6208-8245・7986 ファックス: 06-6202-6962
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示