ページの先頭です

なぜ特別区制度が必要なのか

2020年3月31日

ページ番号:427538

  大阪府・大阪市では副首都・大阪にふさわしい新たな大都市制度の実現に向けて、特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)の制度設計に取り組んでいます。

特別区制度とは?

 大阪府・大阪市を再編して、広域行政は府に一元化し、基礎自治行政は大阪市をなくして4つの基礎自治体(特別区)を設置するものです。

なぜ特別区制度が必要なのか

検討の背景

 これまでの大阪は、東京一極集中が進む中、経済活動の全国シェアの低下が続き、法人税収や府民所得が落ち込むなど、長期の低落傾向にありました。また、首都圏への人口流出や生産年齢人口が減少し、三大都市圏の中では、いち早く人口減少・超高齢社会が到来する見込みです。

大阪の現状

 大阪府と大阪市は、大阪の成長・発展に向けてそれぞれが取り組んできましたが、かつては、大阪市域内は大阪市、大阪市域外は大阪府という役割分担が固定化し、相乗効果が発揮できず、また、連携も不十分だったため、二重行政が発生するなど、大阪の強みを十分に活かしきれていませんでした。

 現在は、こうした課題の解決に向け、知事・市長が方針を一致させることにより、大阪の成長・発展に向けた取り組みを連携・協力して実施しており、ともに成長戦略などを進めてきた結果、2025大阪・関西万博の開催が決定し、鉄道・高速道路等の都市インフラの事業化が進むなど、大阪を成長させる流れが生まれてきました。

めざす方向

 今後、この成長の流れを止めることなく、また、その成長した果実を住民の皆さんに還元していくためには、大阪の成長をよりスピーディに進める体制づくりと、住民の皆さんに身近なことは身近で決めることができる仕組みづくりが必要です。

 このため、大阪府と大阪市では、広域行政の司令塔を大阪府に一本化し、スピード感を持って成長戦略を推進するとともに、住民に近い特別区を設置し、よりきめ細やかな住民サービスを提供する特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)の実現に向け、取り組んでいます。

特別区制度の概要

 詳しくは、特別区制度(案)の「総論」別ウィンドウで開くをご覧ください。

  1. 特別区設置によりめざすもの ・・・・・ 総論‐1
  2. 大阪における特別区制度 ~広域機能の一元化の意義・効果~ ・・・・・ 総論‐2
  3. 広域機能一元化による効果 ・・・・・ 総論‐6
  4. 大阪における特別区制度 ~特別区設置の意義・効果~ ・・・・・ 総論‐9
  5. 特別区の設置による効果 ・・・・・ 総論‐12

もくじ(トップメニュー)

特別区設置までの流れ
特別区制度の検討状況
大阪における特別区制度(案)
疑問・質問Q&A
広報(広報紙・SNSなど)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 副首都推進局 制度企画担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-8859

ファックス:06-6202-9355

メール送信フォーム