ページの先頭です

有機フッ素化合物(PFOS、PFOAなど)について

2022年6月22日

ページ番号:541388

有機フッ素化合物(PDOS及びPFOA)は、環境中で分解されにくく、長期的に環境に残留しやすいため、国内外において製造、使用等が制限されています。大阪市では、環境中の存在状況等の把握に努めています。

有機フッ素化合物(PFOS及びPFOAなど)とは

PFOSは、ペルフルオロオクタンスルホン酸(Per Fluoro Octane Sulfonicacid)の略称、PFOAは、ペルフルオロオクタン酸(Per Fluoro Octanoic Acid)の略称で、いずれもフッ素を含む有機化合物の一種です。

PFOS及びPFOAは、撥水性と撥油性を併せ持つ特異な性質を有していることから、これまで様々な表面処理の用途に使用されてきました。

このほか、PFOS及びPFOAと同様の性質を持ち、その代替品として使用されている有機フッ素化合物として、ペルフルオロヘキサンスルホン酸(PFHxS)及びその塩やPFHxS関連物質があります。

PFOS及びPFOAの特徴や人への影響について

PFOS及びPFOAは、化学的に極めて安定性が高く、水溶性かつ不揮発性の物質であるため、環境中に放出された場合には河川等に移行しやすく、また難分解性のため、長期的に環境に残留すると考えられています。

これらの人の健康への影響については、各国・各機関で知見が集積されつつあるものの、現時点において、発がん性等の毒性について国際的に統一された評価値はありません。

PFOS及びPFOAに係る規制の状況について

PFOS及びPFOAは、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs(ポップス)条約)で、製造、使用、輸出入を原則禁止する物質に挙げられており、国内では、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)に基づき、PFOSは平成22年4月以降、PFOAは令和3年10月以降、原則として製造、輸入及び使用が禁止されています。

PFOS及びPFOAに係る水質等の基準について

PFOS及びPFOAは、令和2年5月に、水質汚濁に係る要監視項目(注1)に指定され、河川や地下水などにおける暫定的な目標値(指針値)として、PFOS及びPFOAの合計値で1リットルあたり50ナノグラム以下(注2)とされました。

(注1)要監視項目: 「人の健康の保護に関連する物質ではあるが、公共用水域等における検出状況等からみて、直ちに環境基準とはせず、引き続き知見の集積に努めるべきもの」として、平成5年3月に設定したものです。現在、公共用水域では27項目、地下水では25項目が設定されています。(出典:環境省ホームページ「要監視項目」別ウィンドウで開く

(注2)ナノグラム:10億分の1グラムを示す単位

また、飲用水につきましては、令和2年3月に水質管理目標設定項目に位置付けられており、暫定的な目標値は、PFOS及びPFOAの合計値で1リットルあたり50ナノグラム以下となっています。

なお現在、土壌や食物(米、野菜等)に関する指針値等はありません。

また、事業所からの排水に係る基準についても定められておりません。

PFOA及びPFOSとは(出典:大阪府ホームページ)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪市におけるPFOS及びPFOAの調査について(地下水)

大阪市の地下水におけるPFOS及びPFOAの調査についてまとめています。

これまでの経過
年月できごと
令和4年3月

令和3年度大阪市地下水概況調査に合わせて地下水調査を実施

「大阪市令和3年度PFOS及びPFOAに係る地下水調査」結果

令和3年10月

東淀川区の井戸の経年的な濃度の推移と、汚染の拡散状況を把握するため、市内9地点で地下水調査を実施

「大阪市令和3年度PFOS及びPFOAに係る地下水調査」結果

令和3年6月

環境省「令和2年度全国存在状況把握調査別ウィンドウで開く」結果

(東淀川区の2か所の地下水から、1リットルあたり5,500ナノグラム及び1,700ナノグラムが検出される) 

令和2年6月

環境省「令和元年度全国存在状況把握調査別ウィンドウで開く」結果

(摂津市の地下水から、1リットルあたり1855.6ナノグラムのPFOS及びPFOAが検出される)

令和2年5月水環境に係る要監視項目としてPFOS及びPFOAが指定される

暫定的な目標値を超過した井戸及びその周辺において、地下水が飲用に供されていないことから、人への健康被害のおそれはありませんが、

地下水(井戸水)を利用されている方は、飲用には水道水を利用するようお願いいたします。

 

周知チラシ「地下水(井戸水)は飲まないでください」

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

なお、大阪府では摂津市内の河川(水路)及び地下水のPFOS及びPFOAについて、継続的に調査を実施しています。

大阪府ホームページ「有機ふっ素化合物(PFOA等)に係る水質調査結果について」別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境管理部環境管理課水環境保全グループ

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO’s棟南館5階

電話:06-6615-7984

ファックス:06-6615-7949

メール送信フォーム