ページの先頭です

大阪市の水道水のおいしさ

2022年3月24日

ページ番号:562757

 一般的に「おいしい水」とは、不快な味・においがなく、適度にミネラル分を含んだ水であると言われています。

 大阪市の水道水は、淀川を原水としており「軟水」でまろやかな口あたりです。

 また、高度浄水処理システムにより、「不快な味」「におい」を完全に除去!

  • 高度浄水処理システムとは、強い酸化力のあるオゾン処理と、かび臭の原因となる有機物やトリハロメタンのもとになる物質などを取り除く粒状活性炭処理を加えたものです。
  • 大阪市では、平成12年(2000年)に高度浄水処理水を市内全域に通水しました。
配水ネットワークでの塩素コントロール説明図

大阪市の水道水は、
 ・かび臭くない!
 ・トリハロメタンは大幅に減少!
 ・微生物に対しても安全性が強化!
さらに
浄水場・配水場を含めた配水ネットワークでの
塩素コントロールによりカルキ臭を低減しています!

水質検査結果については、水道水質検査結果のお知らせのページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局工務部水質試験所

〒533-0024 大阪市東淀川区柴島1丁目3番14号(柴島浄水場内)

電話:06-6815-2365

ファックス:06-6320-3259

メール送信フォーム