ページの先頭です

乳幼児アトピー・ぜん息相談のご案内 [要予約]

2022年3月17日

ページ番号:7720

医師イラスト

「この湿疹ってアトピー?」「季節の変わり目にゼーゼーヒューヒューすることがあるけど…」「卵アレルギーだけどずっと卵は食べられない?」など、心配ごとはありませんか?
小児科医師・保健師・栄養士が、悩みや心配ごとの解決の糸口が得られるように相談に応じます。正しい知識を得て、ぜん息・アレルギー予防に役立てましょう。ぜひご参加ください。

対象者

就学前(0歳~)までのアトピー性皮膚炎やぜん息について相談を希望するお子さまとその保護者

実施内容

  1. 小児科医師の診察と相談
  2. 小児科医師・保健師・栄養士によるお話(希望者は予約時にお申し出ください)
  3. 保健師・栄養士による個別相談(希望者)

日程・実施場所

日程表
令和4年  5月13日 金曜日西成区保健福祉センター 2階 集団検診室
令和4年  7月14日 木曜日浪速区保健福祉センター 3階 集団検診室
令和4年  9月  7日 水曜日中央区保健福祉センター 2階 健康増進室
令和4年11月18日 金曜日西区保健福祉センター    2階 集団検診室
令和5年  1月12日 木曜日北区保健福祉センター    2階 健康増進室
令和5年  3月  7日 火曜日城東区保健福祉センター 2階 集団検診室

いずれも開催時間は午前10時から12時までです。午前9時45分から受付を開始します。
アレルギー予防教室と同時開催となります。

 

 

令和4年度 乳幼児アトピー・ぜん息相談案内チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
  • 開催にあたり、3密を回避し、マスクの着用・手指の消毒など新型コロナウイルス感染症の感染防止に努めます。
  • 当日は保護者の皆様はマスクの着用をお願いします。
  • お子さまや保護者の方に、咳、発熱、下痢、嘔吐等の症状がみられたり、体調がすぐれない場合は参加をお控えください。
  • 台風接近等により市内に、午後7時時点で「暴風警報」「特別警報」が発表されている場合は事業を中止します。

 

申込み方法

申込みが必要です。 

行政オンラインシステム別ウィンドウで開くまたは電話にて、ご希望の日を「大阪市保健所 管理課 保健事業グループ」までお申込みください。
申込み後、案内と質問票を送付します。

電話:06-6647-0648

持ち物

  • 母子健康手帳
  • お薬についてご相談される場合は「お薬手帳」など

参加費

 無料

事業の様子

医師の診察場面の写真

「医師の診察と相談」
アトピー性皮膚炎(湿疹)・ぜん息の症状のこと、お薬のこと(ステロイド軟こう等)、保湿剤でのスキンケアのこと等、ご相談いただけます。

お話の風景の写真

「医師・保健師・栄養士のお話」
・アレルギー、ぜん息の予防と治療
・スキンケア(保湿剤・ステロイド軟こうの塗り方など)
・環境整備(掃除のコツ)・食物アレルギー  など

保健師と個別相談の写真

「個別相談」
保健師・栄養士にぜん息のコントロール方法や、スキンケアの方法、食物アレルギーなど、お気軽にご相談ください。

離乳食の展示の写真

「展示」
スライドや展示物を使ってわかりやすくお話します。

参加者の声

乳幼児アトピー・ぜん息相談(アトピー相談事業)に参加した感想

家族イラスト

・「親身になって分からないことを聞いてもらえたので、少し安心しました。」

・「薬の量や塗り方、ステロイドのことが分かりやすく聞けて良かった。」

・「環境整備、アレルギー、ぜん息と幅広い内容を知ることができた。」

・「アレルギーの仕組みのこと、予防の大切さが よく分かった。」

・「離乳食の相談ができてよかった。」

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 管理課 保健事業グループ
電話: 06-6647-0648 ファックス: 06-6647-0803
住所: 〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス10階)

このページへの別ルート

表示