ページの先頭です

その他性感染症(クラミジア、淋病など)

2022年5月2日

ページ番号:85965

性感染症ってどんな病気?

性感染症とは、細菌やウイルスなどが、性行為(セックス)によって感染する病気です。(オーラルセックスやアナルセックスでも感染します。)

症状がなかったり、軽い場合も多く、感染に気づかないまま症状が進行したり、他の人に感染させてしまったりすることがあります。

また、性感染症に感染すると、不妊の原因になったり、赤ちゃんにうつしてしまうこともあります。(詳しくは「妊娠中に気をつけたい感染症について」を参照)

性感染症は予防や早期発見が大切です。感染の不安があれば検査を、気になる症状があれば、医療機関を受診しましょう。

(男性は泌尿器科や性感染症内科(性病科)、女性は婦人科や性感染症内科(性病科)を受診しましょう。)

医療機関の検索は大阪府医療機関情報システム別ウィンドウで開くをご覧ください。

性器クラミジア感染症

どんな病気?

クラミジア・トラコマティスという病原体が原因で、性的な接触で性器、尿道、口、目などの粘膜に感染します。潜伏期間は1~3週間です。

日本で最も患者数の多い性感染症です。現在、若者(特に女性)を中心に感染者が急増しています。男女ともに症状が軽いため気がつかないことが多いです。放っておくと、男性は睾丸炎や前立腺炎に、女性は不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあります。

赤ちゃんに感染すると、結膜炎や肺炎の原因になるので妊婦検診でチェックします。

治療で治っても、何度でも感染します。

どんな症状が出るの?

男性は、約半数が無症状。尿道のかゆみ・不快感、排尿時の痛み、濃いクリーム状の膿が出ることもあります。

女性は、約8割が無症状。約2割におりものの増加、軽い下腹部痛があります。

検査を受けたい

大阪市では、無料・匿名で尿検査を受けられます。(HIV検査は必須、クラミジアのみの検査はできません。)

詳しくは検査情報をご覧ください。

のどや直腸、子宮頸管内のみに感染している場合は、尿検査ではわからないため、医療機関を受診してください。

治療方法が知りたい

抗生物質を服用します。

反復感染を予防するためにも、治療はパートナーも一緒に行うことが大切です。

性器クラミジア感染症に関するリーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

淋菌感染症

どんな病気?

淋菌という細菌が性器やのど、直腸などに感染します。潜伏期間は2~10日です。

淋病と呼ばれることもあります。クラジミアに次いで感染者が多く、最近は20代で増加しています。

どんな症状がでるの?

男性は排尿時の強い痛みや、尿道から膿が出ることがあります。女性は、無症状のことが多いです。軽い排尿痛やおりものの増加、外陰部のかゆみなどがあります。尿道まで感染が広がると、排尿時に痛みがおき、膀胱炎を起こすことがあります。淋菌が膣や子宮に入ると頸管炎をおこします。卵管炎になると、不妊の原因になります。
※咽頭への感染の場合はのどの痛みが出ることがありますが、自覚症状がない場合もあります。

検査を受けたい

尿・分泌物をとって検査します。

大阪市では、無料検査はありません。

症状がある場合やパートナーが感染した場合は、医療機関受診をおすすめします。

治療方法が知りたい

抗生物質を服用や点滴治療を行います。

性器ヘルペス感染症

どんな病気?

単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因です。潜伏期間は2~21日です。

1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)があり、1型は幼少期にウイルス感染者から唾液を通じて感染し、50-80%がウイルスを持っていると言われています。2型は性行為によって、性器等下半身に感染し、一般的には10%程度の方がウイルスを保有しています。性の多様化により、1型と2型の区別はできなくなってきました。

一度感染すると、治った後でもウイルスは体内に残り、ストレスや疲れなど免疫が低下すると再発をします。

どんな症状がでるの?

感染した部分に水ぶくれや潰瘍ができます。外陰部の強いかゆみや痛みがあります。

感染しても発症せず、70-80%が、無症状でウイルスを排出している場合が多いです。

検査を受けたい

大阪市での無料検査はありません。

症状がある場合やパートナーが感染した場合は、医療機関受診をおすすめします。

感染した部分から検体をとり検査します。

治療方法が知りたい

抗ウイルス薬の服用やぬり薬で治療します。

尖圭コンジローマ

どんな病気?

ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが性的な接触により感染します。潜伏期間は約3か月です。

再発することが多く、繰り返し治療が必要です。治癒しても何度でも感染します。

子宮頸がんワクチンで予防することができます。子宮頚がんに移行することが指摘されています。

どんな症状がでるの?

性器や肛門の周辺に鶏のトサカのようなイボができます。

痛みはありませんが、放置すると大きくなったり、数が増えたりします。

検査を受けたい

大阪市での無料検査はありません。

症状がある場合やパートナーが感染した場合は、医療機関受診をおすすめします。

検査方法は視診、場合によっては組織を切除して検査します。

治療方法が知りたい

塗り薬やレーザー治療、凍結療法で治療します。

膣トリコモナス症

どんな病気?

トリコモナスという原虫が性的な接触により感染します。潜伏期間は1~2週間です。

性行為だけでなく、タオルや下着、お風呂の共有でも感染することがあります。

中高年者でも見られ、感染者の年齢層が幅広い疾患。女性に多く、放っておくと不妊症の原因となることもあります。

どんな症状がでるの?

男性は、ほとんどが無症状です。まれに尿道の違和感を起こすことがあります。

女性も症状が軽く気づかないこともあります。外陰部の赤みやかゆみ、膣の灼熱感、おりもの(白または黄色、泡状)の増加を伴うことがあります。

検査を受けたい

大阪市での無料検査はありません。

症状がある場合やパートナーが感染した場合は、医療機関受診をおすすめします。

膣や陰茎からの分泌物を採取し、顕微鏡で調べて検査します。

治療方法が知りたい

内服薬や膣錠で治療します。

カンジダ症

どんな病気?

カビの一種であるカンジタ菌が性的な接触により感染します。

カンジダ菌は多くの人が保有しており、性行為だけでなく、下着やタオル、お風呂の共有でも感染します。

普段から膣や口の中にいるが、抵抗力が落ちたときに症状が現れます。潜伏期間は一定していません。

どんな症状がでるの?

感染しても症状が出るまでに何年もかかることがあります。ストレスやほかの病気で抵抗力が落ちた時に症状がでます。

男性は、性器のかゆみや痛みがあります。無症状の場合も多いです。

女性は、外陰部のかゆみとヨーグルト状あるいは酒粕状の白いおりものが出ます。

検査を受けたい

大阪市での無料検査はありません。

症状がある場合やパートナーが感染した場合は、医療機関受診をおすすめします。

分泌液などを顕微鏡で調べます。

治療方法が知りたい

膣錠やぬり薬で治療します。

B型肝炎

どんな病気?

B型肝炎ウイルスというウイルスが原因です。感染している人の血液や精液、膣液に多く含まれており、性行為や注射のまわし打ち、母子感染などで感染します。潜伏期間は6週間~6か月です。無症状の場合が多いが、ときに劇症化することがあります。

予防ワクチンがあり、近年赤ちゃんの定期接種となりました。

どんな症状がでるの?

感染して1~6か月後から全身のだるさや食欲不振、嘔吐、微熱、目や皮膚が黄色くなる黄疸など急性肝炎の症状がでます。

その後多くの場合は治癒しますが、中には劇症肝炎を引き起こすことや、ウイルスキャリアとなる場合があります。

キャリアの大部分は肝炎の症状は出ず、沈静化していますが一部慢性肝炎をとなり、肝硬変や肝がんに移行する場合があります。

検査を受けたい

検査方法は血液検査です。

検査を受けたい方は検査情報をご覧ください。

治療方法が知りたい

無症状の場合が多いですが、ときに劇症化することがあります。専門医を受診することが望ましいです。慢性肝炎の場合は、注射による治療(インターフェロン療法)や内服薬で治療を行います。現在では、インターフェロン製剤と拡散アナログ製剤を用いることで、B型肝炎ウイルスの増殖を抑え、肝疾患の進行を防ぐことが可能になっています。治療にかかる医療費助成を受ける方法があります。

どれくらいの人が感染しているの?(統計)

性器クラミジア感染症や性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症は定点報告感染症です。定点報告感染症は、発生動向の把握が必要なもののうち、患者数が多数で、全数を把握する必要がない感染症です。定点把握感染症は、一定の人口割合で定点として指定された医療機関(定点医療機関)が報告をします。

大阪市性感染症定点報告年齢別患者数(令和3年)

性感染症の年齢別患者割合を示すグラフ

性器クラミジア感染症や性器ヘルペス感染症、淋菌感染症は、10~20代の若者を中心に感染者が急増しています。男女ともに症状が軽いため気がつかないことも多いです。

大阪市性感染症定点報告患者割合(令和3年)

性感染症患者割合を示すグラフ

大阪市性器クラミジア感染症年齢別定点報告数(令和3年)

年齢別性器クラミジア感染者を示したグラフ

性器クラミジア感染症は若年の女性に多く、中でも20代の患者が多いです。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話:06-6647-0656

ファックス:06-6647-1029

メール送信フォーム