ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に負けない食生活について

2020年6月12日

ページ番号:502007

新型コロナウイルス感染症の予防には、密閉・密集・密接を避けること、十分な手洗いなどが効果的といわれています。

それ以外に、ウイルスに負けない・重症化しないための抵抗力をつけるために、ふだんの食生活でできることはどのようなことがあるでしょうか?

現時点で、新型コロナウイルスに対する効果を示した食品は報告されていません

インターネット上などには様々な情報があり、新型コロナウイルス対策に効果的であるかのように謳ったものもあります。

しかし、現時点ではそのようなものは報告されていません。

ある特定の食品を食べていたら効果があるということはありません。

また、サプリメント等についても同様に予防効果に根拠のある食品はありません。

情報に惑わされないようにしましょう。

栄養バランスを考えた食事をしましょう

感染症の予防のため、また感染症を重症化させないためには、日々の健康維持が重要です。

健康維持のために必要なのは、適度な運動や睡眠、ストレスをためないこと等がありますが、栄養バランスのとれた食事をすることも重要なことのひとつです。

栄養バランスのとれた食生活を送るために、ある特定の食品を食べていたらよいというものはありません。主食・主菜・副菜をそろえて食べること、そしてできるだけ、いろいろな種類の食品を食べることが大事です。

主食・主菜・副菜をそろえて食べることについて、こちらを参考にしてください。大阪市ホームページ バランスよく食べよう

規則正しい生活を!

また、生活リズムを整え、3度の食事を規則正しくとることも大事なことです。

一日中家の中で生活することによって、生活リズムが乱れてきていませんか?

朝起きる時間がだんだんと遅くなり、朝食を食べない生活になっていませんか?

「食べることしか楽しみがない」から、好きなもの、食べやすいものばかりだったり、おやつをたくさん食べたり、清涼飲料水を大量に飲んだりしていませんか?

「外出しないから、食事も適当でいい」「外出しないから、食事を食べなくていい」ということはありません。

毎日の食事の積み重ねが、健康な体をつくり、健康な体はウイルスから体を守る土台になります。

今だからこそ栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

毎日の食事づくりについて

毎日の食事づくりの献立に困ったときは、何日分か予定を立ててみましょう。
使いまわしのできる食材を上手に使う計画も立てられ、ムダな食材がなくなり、また買い物に出かける回数も減らすことができます。
メニュー表記入例の写真

学校が休みになって時間を持て余している子どもたち、 明日のメニューを自分で考えてみませんか?
主食・主菜・副菜をそろえて、バランスよく食べるために考えてみましょう。
献立を考える場合は、メニュー表を作ってみましょう。

今日のメニュー表

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

高齢者の方へ

外出ができなくなり、食欲が減退してしまっている方もおられるかもしれませんが、食事の量が極端に減ってしまうと、栄養が不足して、フレイル(虚弱)状態が進んでしまい、感染症に対するリスクも高まってしまいます。

食事はしっかり朝・昼・夜の3回食べましょう。そして、主食・主菜・副菜をそろえて食べましょう。

こちらも参考にしてください。

大阪市ホームページ 高齢者の低栄養予防のために。

大阪市ホームページ 新型コロナウイルス感染症で高齢者の方に気をつけていただきたいポイント

 

食事前の手洗いも忘れずに!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局健康推進部健康づくり課健康づくりグループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9961

ファックス:06-6202-6967

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示