ページの先頭です

新型コロナウイルスワクチン接種の証明について

2022年1月11日

ページ番号:547363

新型コロナウイルスワクチン接種の証明について

「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書は、新型コロナワクチン接種証明書類が必要な場合に、申請に基づき発⾏するものです。

当初は海外渡航を目的とした方用となっていましたが、国の制度改正による令和3年12⽉20⽇からのデジタル化運⽤開始に伴い、電⼦交付が可能となり、利⽤⽤途についても海外渡航予定がある⽅に加え、国内での利⽤も可能となっています。

⼤阪市においても、国の制度改正に基づき、海外⽤及び国内⽤の申請受付並びに電⼦交付を⾏っています

また、新型コロナウイルスワクチンを接種された⽅には、新型コロナウイルスワクチン接種済証または新型コロナワクチン接種記録書が発⾏されます。国内ではこの接種済証または接種記録書により接種の証明ができますので、⼤切に保管してください

接種を証明する書類について

接種を証明する書類一覧

接種証明書
(ワクチンパスポート)

新型コロナワクチン接種証明書類が必要な場合に、申請に基づき発⾏するものです。発行対象は次のいずれかに該当される方です。

・ワクチン接種時に大阪市に住民票のある方

・⼀時帰国中などで国内に住民登録が無く、大阪市が発行した接種券を使用して接種を受けた方

証明書には「海外用・日本国内用」と「日本国内用」がありますので、用途に応じて申請してください。(発行手数料無料)【郵送申請の場合、発送・返信にかかる送料は必要です】
申請方法や必要書類はこちらをご確認ください。

接種済証

ワクチン接種後に接種券に接種年月日・接種場所・接種したワクチンの情報が記載・貼付され、接種場所において発行されます。
新型コロナウイルスワクチンは、予防接種法に基づく臨時接種のため、「予防接種済証(臨時)」と記載がありますが、後日正式な証明書が発行されるという意味ではありません。接種を証明するものとなりますので、接種後も大切に保管してください。

紛失した場合等は各区保健福祉センター(都島区につきましては、都島区保健福祉センター分館)窓口での申請により接種済証の再発行ができます。(1通につき手数料250円)ワクチン接種時に大阪市に住民票がある方が対象です。
申請方法や必要書類はこちらをご確認ください。

接種記録書

医療従事者や高齢者施設等の従事者等で、接種券が送付される前に接種券付き予診票で接種を受けた場合などに発行されます。接種を証明するものとなりますので、接種後も大切に保管してください。

ワクチン接種時に大阪市に住民票があり、大阪市が発行する接種済証が必要な方は、各区保健福祉センター(都島区につきましては、都島区保健福祉センター分館)窓口での申請により接種済証を発行します。(初回交付に限り手数料無料)
申請方法や必要書類はこちらをご確認ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

健康局 大阪市保健所 感染症対策課 新型コロナワクチン接種等調整チーム
電話:0570-065670、06-6377-5670(大阪市新型コロナワクチンコールセンター)