ページの先頭です

今、梅毒が流行っています!

2024年2月7日

ページ番号:581771

今、梅毒が流行っています。2022年の梅毒報告数は、2011年の25倍増加しました。2023年は2022年を上回っています。

梅毒」という性感染症を知っていますか。

実は今、梅毒が流行しています。特に、20~30代の女性に急増しています。

  • 梅毒は、主に性行為(セックス)で感染します。感染しやすく、キス・フェラチオでもうつる可能性があります。
  • 妊婦が梅毒に感染して治療せずにいると、おなかの赤ちゃんに感染して、おなかの中で亡くなったり早産になったり先天梅毒(発育不全・難聴など)という病気になってしまったりする可能性があります。
  • 症状は感染した場所に赤いできものやしこりができるなどから始まりますが、気づきにくく、放っておくと自然に消えます。ところが、治ったわけではなく、病気は進行しています。治療せずに放置すると、目が見えなくなったり認知症のような症状がでたり、まれに死に至ることもあります。
  • 梅毒は、血液検査でわかります。
早く見つけて治療すれば治りますので、まずは検査を受けましょう
治療により治っても相手が感染していると何度でも感染しますので、パートナーも検査を受けましょう
大阪市ホームページ「梅毒」
大阪市ホームページ「検査情報」
大阪市ホームページ「HIV/エイズ・性感染症の相談窓口」

HIV/エイズ・性感染症ガイド

HIV(エイズ)や性感染症についての総合トップページです。
病気の特徴や症状、治療についてや、検査情報、相談窓口、感染予防方法など、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

X(旧Twitter)アカウント「大阪市保健所HIV・性感染症ナビ」
別ウィンドウで開く

HIV/エイズ、性感染症専用のX(旧Twitter)です。
X(旧Twitter)から最新情報を発信しています。
フォロワ―募集中です!

インスタグラムアカウント「大阪市保健所感染症対策課【HIV・性感染症専用】」
別ウィンドウで開く

大阪市保健所感染症対策課(HIV・性感染症専用)公式Instagramです。
写真や動画等を通して、HIVや梅毒など性感染症の予防方法や検査情報を発信します。
フォロワー募集中です!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話:06-6647-0656

ファックス:06-6647-1029

メール送信フォーム