ページの先頭です

広域避難場所におけるマンホールトイレの整備

2020年12月22日

ページ番号:8473

大阪市では、市内の広域避難場所にマンホールトイレを1,410箇所設置しております。

この施設に仮囲いを設置すればマンホールトイレとして使用可能です。


マンホールトイレ(マンホール親子蓋)


マンホールトイレ(集水桝タイプ)


マンホールトイレ(仮囲い設置状況その1)


マンホールトイレ(仮囲い設置状況その2)


マンホールトイレの使用状況(イメージ図)
公共下水道につながっており、水が確保できれば、公共下水道に流れます。
断水の場合は一定期間貯留できる構造となっています。

広域避難場所におけるマンホールトイレ設置位置図

ダウンロードファイル

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

市内の広域避難場所34箇所の内、29箇所で整備されています。(令和2年3月現在)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局下水道部調整課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-7586

ファックス:06-6615-7690

メール送信フォーム