ページの先頭です

水・環境ソリューションハブ(WES Hub)拠点都市としての活動

2019年8月28日

ページ番号:312262

下水道分野における国際展開の拠点都市としての活動

 大阪市は、平成24年4月に「大阪下水道ハブ構想」が国により認められ、国土交通省から水・環境ソリューションハブ(※1.WES Hub)の構成地方公共団体(※2AAA)として認定を受けました。(WES Hubとは、日本の水・環境インフラの技術と政策を海外に積極的に提供していくための連合体を指します。)

 大阪市下水道ハブ構想では、本市下水道広報施設である下水道科学館に下水道技術の情報発信拠点の機能を付加し、官民の経験と技術を結集した最適な解決策と先進の技術を発信して海外の水環境問題へ貢献するとともに、水・環境インフラ技術の開発に関わる研究機関、民間企業との交流の場を提供することで、大阪・関西企業の海外展開を支援していきます。

※1.WES Hub(Water and Environment Solution Hub=水・環境ソリューションハブ)

※2.AAA(Alliance Advanced Agency=先進的な技術・経験を持つ都市)

・WES Hubの構成団体(AAA) (平成27年2月26日現在)

 大阪市、東京都、神戸市、横浜市、北九州市、福岡市、埼玉県、川崎市、日本下水道事業団、滋賀県、仙台市

これまでの経過


登録証授与(平成24年4月)

その他お知らせ

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局下水道部調整課水環境担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-7674

ファックス:06-6615-7690

メール送信フォーム