ページの先頭です

産後ケア事業の実施

2020年2月27日

ページ番号:329186

概要(説明)

 本事業は、退院直後に、支援が必要な母子を対象に、ショートステイ(宿泊型)やデイケア(通所型)の利用を通じて、母親の心身のケアや育児サポートをし、産後も安心して子育てができる支援体制の確保を図る。

発端(きっかけ)は何?

 近年、出産年齢の上昇やストレスの増加等により、健康管理がより重要な妊産婦が増加傾向であるとともに、産婦の親の高齢化により育児の支援が得られにくい状況である。また、核家族化や地域社会の希薄化等により、地域において妊産婦やその家族を支える力が弱くなってきており、妊娠・出産・子育てにかかる父母の不安や負担が増えてきていることから、厚生労働省より、妊娠から出産、子育て期までの切れ目ない支援を行うことを求められていた。

寄せられた意見

 出産直後から1か月間は、身体的な負荷に加えて、急激なホルモンバランスの変化で、精神的に不安定になる傾向が強く、十分な休養とサポートが必要である。

どこまで進んでいるのか?

 平成27年10月20日より、委託契約を行った産科医療機関及び助産所においてサービス提供開始。

 サービス利用時には自己負担あり。

産後ケア事業のホームページはこちら

今後の予定は?

 委託事業者を随時募集し、拡充を図る予定である。

※委託事業者の募集についてはこちらをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局子育て支援部管理課母子保健グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)

電話:06-6208-9966

ファックス:06-6202-6963

メール送信フォーム