ページの先頭です

大阪市指定文化財(平成29年度)

2019年7月24日

ページ番号:431190

大阪の歴史と文化を物語る重要な文化財を指定しました

 古くからの歴史と文化をもつ大阪市内には、国宝である住吉大社の本殿など、国や府が指定した多くの文化財があります。
 大阪市教育委員会では、これらの指定された以外の文化財について調査を行っています。その調査により大阪の歴史と文化を理解するうえで、重要な意味をもつ文化財がたくさんあることがわかってきました。
 そこで、所有者をはじめ関係者の方々のご協力のもとに、これらの文化財を大切に守り、市民の方々の文化の向上に活かすとともに、未来へ確実に伝えていくために、平成11年2月に大阪市文化財保護条例を制定し、同年7月に施行しました。
 この条例に基づき、大阪市教育委員会では、平成11年度から大阪市の文化財を指定しています。(平成30年5月現在合計250件)

平成29年度大阪市指定文化財(3件)

平成29年度大阪市指定文化財(3件)
分    野部   門名      称
有形文化財歴史資料幕末大坂城湿板写真原板
考古資料大坂城跡本丸内出土三葉葵文鬼瓦
記念物・史跡・名称天然記念物三木茂博士収集メタセコイア化石標本

探している情報が見つからない