ページの先頭です

人権ユニバーサル事業

2019年3月22日

ページ番号:463549

人権ユニバーサル事業とは

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え、人種・障がいの有無・性的指向などの違いを理解し、自然に受け入れ、互いに認め合う共生社会、いわゆる「人権ユニバーサル社会」を実現し、これを未来へつなげていくことが必要となっています。

大阪市では、「人権ユニバーサル事業」として、人種・障がいの有無・性的指向などの人権課題に関して理解を深めるため、重点的に啓発活動を実施します。

LGBT等の性的少数者に関する人権啓発

DVD画像
別ウィンドウで開く

教育現場における性の多様性についての学習の一助となるようDVDを制作しました。このDVDは、主に性自認/性的指向をめぐる自分や他者の違いに敏感になりやすい中学生と中学生に関わる先生方を主な対象としています。中学生を対象に実施したワークショップの映像が収録されており、同様のワークショップが実施できるようになっています。

中学生向けDVD「きみと友達でいたいから~知りたい、多様な性のかたち~」について

DVDの内容・構成
ドラマ「バスケ少年の秘密」(8 分)

 ジュンゴとユウスケは、中学の同級生。幼馴染でずっと仲良くしてきた親友だ。ユウスケが転校することになったその直前、問い詰めるジュンゴに対し、好きな人を打ち明けたユウスケ。それはサッカー部の男の子だった。思わず「お前ホモかよ!」と茶化したジュンゴに、ユウスケは「今言ったことは忘れてほしい」と足早に帰ってしまう。「ゲイってどういうこと?なんで今言ってきたの?なんでこれまで言えなかったんだろう?」傷ついたユウスケの顔が頭から離れないジュンゴは、ユウスケがどんな思いで今までそのことを言えなかったのかを、考え始める...。

いろんな性を知る(7 分)
  • 性の4要素の解説
  • LGBT などの言葉の解説
  • 当事者の語り
当事者インタビュー(15 分)
  • 自分のセクシュアリティに気づいた時
  • カミングアウトについて
  • 言葉カードで気になった言葉
  • 中学生へのメッセージ など
ワークショップ実践映像(29 分)
中学校で実施したモデル授業の様子
ワークショップ用資料

活用の手引き・ワークシート・スライド等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
DVDの貸し出し

学校・教職員向けにDVDを貸出しいたします。貸出を希望される方は、大阪市人権啓発・相談センターまでご連絡下さい。

貸出し日時・場所等は大阪市人権啓発・相談センターの案内をご覧ください。

アンケートについて

このDVDを利用したご意見を、メール又はファックスでお聞かせください。

メール ca0016@city.osaka.lg.jp

ファックス  06-6532-7640

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市人権啓発・相談センター
住所: 〒550-0012 大阪市西区立売堀4丁目10番18号 阿波座センタービル1階
電話: 06-6532-7631 ファックス: 06-6532-7640

メール送信フォーム