ページの先頭です

「やさしい日本語」で話してみませんか?

2022年7月21日

ページ番号:510655

「やさしい日本語」ポスター
別ウィンドウで開く

私も、あなたも、日本語を「やさしい日本語」に翻訳することができます

「やさしい日本語」という言葉をご存じですか?

「やさしい日本語」は、外国人の方など日本語があまり得意でない方に伝えるため、

わかりやすい言葉や表現に言い換えた日本語のことです。

「やさしい日本語」を使えば、日本語があまり得意でない方と話すことができます。

「やさしい」には、かんたんな言葉を表す「易しい」と、

相手に配慮する「優しい」気持ちで話す。といった二つの意味がこめられています。

いくつかのポイントさえわかれば、誰でも使うことができます。


別ウィンドウで開く

外国人住民は、約20人に一人の身近な存在

大阪市は、およそ20人に一人が外国人住民で、政令指定都市の中で最も多い14万人を超えています。

「やさしい日本語」を使って、あいさつから始めてみませんか?

「やさしい日本語」ポスター2
別ウィンドウで開く

英語で話しかける勇気はないけど、「やさしい日本語」でなら話しかけられるかもしれない

「やさしい日本語」で伝えるポイント

次のポイントを意識して、相手に伝わっているか確認しながら、ゆっくり話しましょう。

  1. 全体的にゆっくり話し、言葉ははっきり発音する。
  2. 一文を短く、区切って話す。
  3. 難しい言葉は、簡単な言葉に言い換える。
  4. 外来語(カタカナ語)はできるだけ使わない。
  5. 曖昧な表現はせずに、具体的に伝える。
  6. 方言はできるだけ使わず、標準語で話す。
「やさしい日本語」の例
 通常の日本語やさしい日本語 
「今朝はめっちゃ暑かったなぁ」「今日の朝は とても 暑かった ですね」 
「 土足厳禁」「靴を 脱いで ください」 
「参加費は無料です」「参加するとき お金はいりません」
「映画館に行くことをキャンセルします」「映画館に 行くことを やめます」 

「やさしい日本語」には、こうすれば必ず理解してもらえる、という決まった答えはありません。

何が伝わりやすいかは、伝える相手の日本語能力や社会生活での知識・経験などによってそれぞれ異なります。

相手を思いやり、易しい言葉と、「わかりやすく伝えよう」とする優しい気持ちで使ってみましょう。


別ウィンドウで開く

「やさしい日本語」ロゴマークを使ってください

この「やさしい日本語」ロゴマークを多くの方に利用して頂きたく、
このロゴマークが広がり、「やさしい日本語」をきっかけに、ひとりでも多くの方とつながってほしいと願っています。

やさしい日本語
「話します」ロゴ


やさしい日本語
「話してください」ロゴ

「やさしい日本語」の取り組み

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

市民局 ダイバーシティ推進室 人権企画課
電話: 06-6208-7623 ファックス: 06-6202-7073
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)